HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

漢方療法


 がん治療における基本的な療法は、いうまでもなく「外科手術療法」「化学療法(薬物療法)」および「放射線療法」です。

 現実的な治療では、がんの種類や進行度に応じて、これらの療法を組み合わせて行われます。

 近年、漢方薬の医術が進歩したこともあり、がん治療においても利用されるようになりました。


 漢方薬は、基本的には薬物療法のひとつですが、その療法は西洋医学とは異なる独特なものとなっています。

 西洋医学が主にがんの完治(治癒)を目指すのに対して、漢方薬は西洋医学と併用することで、がんの症状の軽減や「QOL(生活の質)」の向上、延命効果などを期待します。

 漢方薬では、直接的にがんを攻撃することを目指してはいないで、むしろ複数の「生薬」を組み合わせ、その総合作用により人体の免疫力や代謝、栄養補給、体力の回復などの機能を増すことで間接的にがんを攻撃するのです。

 漢方薬によるがん治療法は、次のようなものとなります。

漢方療法の目標
症状の軽減  痛みの軽減、吐き気や腹部膨満、浮腫み、倦怠感などの緩和。

QOLの向上  生活の質の向上、全身状態の改善。

副作用の軽減  抗がん剤などの副作用の軽減。

末期患者対応  手術や抗がん剤治療が不可能な場合の対応。
 延命効果、末期患者への緩和療法。