HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔心臓・血管のがん〕

 

 胃には〔胃癌〕、肺には〔肺がん〕、甲状腺には〔甲状腺がん〕というように身体のあらゆる部位にいわゆる「がん」は発生します。

 しかし、一般的に〔心臓がん〕というものは、先ず聞くことがありません。

 がんという言葉は、次のような全ての好ましからぬ「悪性の新生物」の総称として用いる言葉です。

 ・癌
 ・悪性腫瘍
 ・悪性新生物
 ・肉腫
 ・液性がん


 「癌」や「肉腫」「液性がん」などのそれぞれの言葉は、悪性の新生物である点に変わりはありませんが、それが発生する身体部位などの違いに対応して区別されています。


 もともと「癌」という医学用語は、人間の皮膚表面や胃腸などの内臓表面壁などの上皮細胞からできた悪性腫瘍のことを指しますので、心臓や骨、血液などのように上皮細胞を持たない部位にこの「癌」ができることはありません。

 血管や神経や筋肉にできた悪性腫瘍は、一般に「肉腫」と呼びますが、極めて稀なことながら心臓や血管にも、肉腫ができることはあります。心臓や血管にできた悪性腫瘍として〔血管肉腫〕や〔横紋筋肉腫〕などがあります。


 また、このような心臓や血管にできる腫瘍の他にも、身体の他の部位で発生した悪性腫瘍が転移した腫瘍ができることもあります。

 余談ながら、心臓や血管に腫瘍ができることが極めて稀である理由は二つあります。一つ目は、心臓を構成する細胞の特殊性です。他の臓器の細胞では細胞分裂により増殖しますが、心臓の細胞は増殖しないので、がん細胞も増殖できないのです。

 また、二つ目は、心臓での発熱量にあります。心臓自体の重量は体重の0.5%しかありませんが、盛んに血液を送り出すために身体発熱量の10%ほどを占めていて常時40度C近い高温となり、高熱に弱い「がん」は死滅してしまうのです。


心臓・血管のがん ◆心臓・血管のがんにはこんな病気があります。
血管肉腫

 血管肉腫は、比較的稀な血管にできる悪性腫瘍で、悪性血管内皮細胞腫と悪性血管外皮細胞腫、およびカポジ肉腫とに大別されます。

 好発部位は、頭頸部や下肢、体幹などの皮膚や、軟部組織や乳房、内臓、骨などで、最も多く発生するのは、高齢者の頭部に発生する血管肉腫です。通常、血管肉腫といえば、高齢者の頭部に発生するものをいいます。

 初期には、淡紅色や暗紅色の紫斑や紅斑として現われ、やがて浮腫、皮膚表層のびらんができます。外科的な治療は困難で、化学療法や放射線療法で治療しますが、予後は不良です。

横紋筋肉腫

 横紋筋肉腫とは、将来、自分の意思により身体を動かすときに使う骨格筋(横紋筋)になるはずの未熟な細胞から発生する悪性腫瘍で、身体各部にある骨格筋や平滑筋、脂肪、結合織、骨、あるいは軟骨などの細胞になるべき間葉系細胞から発生します。

 横紋筋肉腫は、身体中のあらゆる部位に発生しますが、好発部位は、頭頸部や泌尿生殖器および後腹膜、そして上下肢となります。

 病理組織学的には、胎児型と胞巣型、および多形型の三つに分けられ、それぞれは、更にいくつかに詳細分類され、遺伝子的背景や罹りやすい年齢、治療成績などが異なります。全体的に、この肉腫は、幼少児に多く発症します。