HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

神経膠腫


 〔神経膠腫(しんけいこうしゅ)〕は、神経外胚葉組織から発生する腫瘍の総称です。

 この腫瘍は、脳腫瘍の中で最も高い頻度で発生し〔原発性頭蓋内腫瘍〕の3~4割を占めています。

〔神経膠腫〕には、〔星細胞腫(アストロサイトーマ)〕〔多形性膠芽腫〕〔髄芽腫〕〔脳室上衣腫〕〔乏突起膠腫〕〔脈絡叢乳頭腫〕および〔その他〕の種類があります。


 それぞれの〔神経膠腫〕の悪性度、発生頻度などの性質や特徴は次の通りです。

神経膠腫の特徴
星細胞腫  星細胞腫はアストロサイトーマとも呼ばれる神経膠腫で、中枢神経系のどこにでも発生しますが、一般的には大脳半球に好発する傾向があります。また、若年者では、小脳や脳幹部、視神経にも好発します。

 星細胞腫は、全神経膠腫の20~30%を占めていて、良性から悪性までさまざまであり、通常の正常細胞との境界は不鮮明です。

 星細胞腫には、組織形態分類で「fibrillary型」「protoplasmic型」および「gemistocytic型」の三つの型があります。

多形性膠芽腫  多形性膠芽腫は、成人の大脳半球に好発する腫瘍で、神経膠腫の約30%を占めています。

 この腫瘍は、悪性度の非常に高い腫瘍であり、外科手術や化学療法、放射線治療などを併用しても、5年生存率は10%程度しかありません。

髄芽腫  髄芽腫は、組織発生学的には幼若な腫瘍で神経膠腫の約10%を占めています。髄芽腫は、小児の小脳に好発し、悪性度は高いです。

脳室上衣腫  脳室上衣腫は、脳室壁から発生し脳室内や脳実質に広がる腫瘍で、全神経膠腫の5~8%を占めています。脳内部位的には第四脳室、第三脳室、側脳室の順に多く発生します。

 この腫瘍は、比較的若年者に好発します。

乏突起膠腫  乏突起膠腫は、成人の大脳半球に好発する腫瘍で全神経膠腫の5%ほどを占めています。腫瘍の成長は緩慢でありしばしば石灰沈着を伴います。

脈絡叢乳頭腫  脈絡叢乳頭腫は、小児の脳室に発生する腫瘍ですが、発生頻度は少ないです。

その他