HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

大腸がん


 〔大腸がん〕は、盲腸、結腸、直腸などの大腸に発生する上皮性のがんです。

 また、大腸がんには、肛門管に発生するがんも含めることがあります。

 これらは上皮に発生するがんなので〔大腸癌〕とも呼ばれます。また、〔大腸癌〕は〔直腸がん〕と呼ばれることもあります。


 大腸には、盲腸・上方結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸・直腸がありますが、〔大腸がん〕がよくできる部位は、直腸とS状結腸です。

 〔大腸がん〕になると下痢や便秘を繰り返したり、腹痛、腹部膨満感などの症状がでるようになります。ときに、血便がでることがあります。

 大腸には多くのポリープができやすく、通常は良性のポリープが多いですが、放置するとがん化するものもあります。〔大腸がん〕は食生活の欧米化で増加の傾向があるといわれています。