HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

肝臓がん


 〔肝臓がん〕は、肝臓にできる悪性腫瘍の総称で、〔肝がん〕と呼ばれることも多いです。

 〔肝臓がん〕には、〔肝細胞がん〕と〔胆管細胞がん〕とがあります。

 〔肝臓がん〕に特有な症状はなく、初期段階では上腹部の痛み、不快感、腹部膨満感、食欲不振、倦怠感などの症状を呈します。


 〔肝臓がん〕がかなり進行してくると、黄疸がでたり腹水がたまったりします。

 〔肝臓がん〕が発生する原因は、C型肝炎、B型肝炎によるものが大部分で、一般的に〔慢性肝炎〕や〔肝硬変〕を経過して〔肝臓がん〕へと進行します。

 日本では、肝臓の実質である肝細胞から発生する〔肝細胞癌〕が90%、肝臓内の胆管から発生する〔胆管細胞癌〕が5%ほどを占めています。