HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔内分泌・代謝のがんとは〕

 

 人間の身体の中には「ホルモン」と呼ばれる多くの種類の微量物質が存在して、生命を維持し、生体の諸機能を恒常的に保つ作用をしています。

 特定のホルモンは、体内の特定の器官や組織で産生され体液中に直接分泌されて、そのホルモンに固有な特定の器官や組織に運搬されます。


 特定のホルモンは、標的器官や組織と呼ばれる特定な器官や組織にだけ作用する性質があります。

 特定の器官や組織に到達したホルモンは、標的器官や組織などの機能を調節する生理的作用を行います。ホルモンには非常に多くの種類が有り、身体内で産生される場所も、作用を発揮する場所や方法も多種多様ですが、このような作用を「内分泌・代謝」と呼んでいます。

 ホルモンを産生し分泌する臓器は「内分泌臓器」と呼ばれますが、それらは脳視床下部、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、膵臓、副腎、卵巣、精巣、心臓、肝臓、腎臓などと実に多くの臓器があります。

 ホルモンを産生する臓器の障害でホルモン分泌量が異常に増加または低下した場合や、そのホルモンが作用すべき標的臓器の異常でそのホルモンが有効に機能を発揮できないとき、これらは〔内分泌代謝疾患〕と呼ばれますが、次の表で示すように非常に多くの種類があります。


内分泌代謝疾患の種類
脳視床下部・下垂体

 小人症、先端巨大症、乳汁漏出症など。

甲状腺

 バセドウ病、甲状腺機能低下症、甲状腺がんなど。

副甲状腺

 高カルシウム血症、骨粗しょう症など。

膵臓

 糖尿病など。

副腎

 高血圧症、低血圧症など。

卵巣・精巣

 勃起不全(ED)、無月経、不妊など。

心臓

 心不全など。

肝臓

 糖代謝異常など。

腎臓

 貧血など。

脂肪

 肥満症、高脂血症など。


 これらの疾患の中で、悪性腫瘍関連として〔甲状腺がん〕がありますが、〔甲状腺がん〕の中には〔甲状乳頭腺がん〕〔甲状腺濾胞がん〕〔甲状腺未分化がん〕および〔甲状腺髄様がん〕などの種類があります。

 甲状腺は甲状腺ホルモンやカルシトニンなどのホルモンを分泌する内分泌器官です。甲状腺がんでは、喉にしこりを感じたり、喉の痛みやしわがれ声になるなどの症状があります。また、飲食物を飲み込み難くなる嚥下障害が現れることもあります。



内分泌・代謝のがんにはこんな病気があります ◆内分泌・代謝のがんには、こんな病気があります。
甲状腺がん

 甲状腺は、頚部前面あり甲状腺ホルモンやカルシトニンなどのホルモンを分泌する内分泌器官です。甲状腺の重さは15~20g程度で、大きさは上下方向に3~5cm程度あります。

 この甲状腺にできた悪性腫瘍の内で上皮由来のものが「甲状腺がん」です。甲状腺がんの症状は、喉にしこりを感じたり、喉の痛みやしわがれ声などがあります。また、飲食物を飲み込み難くなる嚥下障害が現れることもあります。

 甲状腺がんには病理組織型の分類として〔乳頭癌〕〔濾胞癌〕〔未分化癌〕および〔髄様癌〕という4つの種類があります。

 甲状腺がんの発症原因に遺伝的原因も考えられますが、真の原因は不明です。易学的には、甲状腺がんは40歳以上の人に多発する傾向にあり、男女比では女性が男性の4倍ほど多く発症します。