HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

腎臓がん


 〔腎臓がん〕は通常〔腎がん〕と呼ばれるがんで腎臓にできる悪性新生物です。

 〔腎がん〕には〔腎細胞がん〕と〔腎盂がん〕の二つの種類があり、多くは腎臓にある尿細管の内側の細胞に出来る〔腎細胞がん〕です。

 〔腎がん〕は、がんが小さいうちは自覚症状はなく、5センチ大にまで進行すると血尿、腹部腫瘤、疼痛などが現れ、発熱、体重減少、貧血などの症状もでてきます。


 〔腎臓がん〕の発症は20歳代から80歳代まで起こりますが、好発年齢は60歳代です。男女比では男性が女性の2.7倍ほど多くなっています。

 〔腎臓がん〕の危険因子としては、喫煙が大きいですが、その他でも塗装作業や金属加工作業、化学物質を多く取り扱う人がリスクが高いとされます。また、〔腎不全〕のために長期間にわたり人工透析を受けている患者もリスクが高いとされます。