HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

副腎がん


 副腎は、腎臓上部に位置する一対の内分泌臓器で、皮質と髄質とからできています。

 皮質からは、アルドステロン、コルチゾール、および男性ホルモンの一つであるデヒドロエピアンドロステロンなど各種の副腎皮質ホルモンを分泌し、髄質からはアドレナリン、ノルアドレナリンを分泌しています。


 副腎では、〔副腎腫瘍〕と総称される多くの腫瘍が発生しますが、大部分は良性腫瘍です。

 典型的な良性の副腎腫瘍には、〔原発性アルドステロン症〕や〔クッシング症候群〕〔褐色細胞腫〕および〔非機能性副腎腺腫〕などがあります。しかし、良性腫瘍であっても、ホルモン異常などをきたすことはあるので、切除が必要な場合もあります。

 副腎で発生する悪性腫瘍〔副腎がん〕は、副腎皮質の細胞から発生しますが、副腎髄質からも〔悪性褐色細胞腫〕や〔神経芽細胞腫〕が発生します。

 〔副腎がん〕は、健康診断などで偶然発見されることが多いですが、基本的には稀ながんであり、羅漢率は100万人あたり2人程度です。発生年齢層では10歳前後と40~50歳代の二つのピークがあります。また、女性の方が男性の2倍程度多く発症します。