HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

骨肉腫


 骨や軟骨、筋や神経などの非上皮組織に発生する悪性腫瘍を〔肉腫〕といいます。

 〔骨肉腫〕は、骨の悪性腫瘍のひとつで〔悪性骨形成性腫瘍〕とも呼ばれる病気です。

 〔骨肉腫〕は腫瘍細胞が骨組織を作ることを特徴とした病気です。


 〔骨肉腫〕の初発症状は、膝付近の骨などの腫れと痛みです。痛みは筋肉痛のような痛みで、運動時だけでなく安静時にも継続的に続く痛みです。

 〔骨肉腫〕は、稀には全身の骨にも発生しますが、通常は手足の骨の関節に近い部位から発症します。具体的な部位は、大腿骨遠位や脛骨近位の膝関節付近が圧倒的に多く、肩や股の関節付近にも起こります。傾向的には男児にやや多く発症します。

 骨からでた骨肉腫の腫瘍が増大してくると、やがて血管に入り込み、肺に到達・転移して腫瘤を作るようになります。

 〔骨肉腫〕は5~24歳くらいで多く発症します。中でも活発に運動をする10代の青少年期に最も多く発病する病気です。

 以前の〔骨肉腫〕の治療では、手足を切断し5年生存率も20%以下だったのですが、現在では〔骨肉腫〕だけを切除するだけで済むようになり、5年生存率も60~70%にまで改善されています。