HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

軟骨肉腫


 〔軟骨肉腫〕は、軟骨を形成している細胞ががん化した、軟骨性の悪性腫瘍です。

 この悪性腫瘍は、原発性悪性骨腫瘍の中では〔骨肉腫〕に次いで多く発症する病気です。

 この肉腫は、大腿骨や脛骨などの長い骨のほか、骨盤や肩甲骨などの扁平骨にも発生します。


 もともとあった〔骨軟骨腫〕や〔内軟骨腫〕などの良性腫瘍が、悪性に変化して発症することもあります。以前からあった〔こぶ(腫瘤)〕が、痛みを伴って急速に大きくなるような場合には、その可能性があります。

 〔軟骨肉腫〕の典型的な症状は、痛みです。初期には無症状であっても、症状の進展に伴って痛みが激しくなり、鎮痛剤が欠かせない状態となります。肉腫が小さいときには、ほとんど痛みもないために、痛みが自覚されるようになると、腫瘤の大きさもかなり大きく増大しています。

 腫瘍のために骨自体の強度がなくなり、ちょっとしたことで簡単に骨折してしまい、激痛を招くようになります。腫瘍が極端に増大すると、関節の動きが不自由にもなります。

 〔軟骨肉腫〕に罹りやすい年齢層は、20~60歳代までほぼ均等に分布していて、男女比では、やや男性に多く発症します。

 この腫瘍が転移する危険性は少ないのですが、一旦転移してしまうと、化学療法や放射線療法が効きにくくなり、これらの方法での治療は非常に困難となります。

 転移していない場合でも、化学療法や放射線療法の効果はあまり期待できず、一般的な治療法は、手術による切除となります。手術後に再発しないよう、広範囲にわたる切除を行い、病巣を完全に除去しなくてはなりません。

 手術で腫瘍の発生した骨を切除後には、切除した骨や関節を再建して、身体機能を回復することが重要です。このために、人工関節に置換したり、切除した骨を高圧蒸気で滅菌処理して元の部位に戻したり、自分の他の部分の骨に置換したりする方法がとられます。

 〔軟骨肉腫〕が遠隔転移していない時点で手術した場合の五年生存率は、70%以上ありますが、転移してしまうとそれほど高くは期待できません。