HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

骨髄異形成症候群(MDS)


造血幹細胞の分化  骨の中の骨髄中では、将来、全ての血液成分となるべき大元の「造血幹細胞」があります。

 この幹細胞は、次々と分化して、赤血球や白血球、血小板などの元になる前駆細胞を経由しながら、正常な赤血球、白血球、血小板成分に成熟して、末梢血流中に出てゆきます。

 〔骨髄異形成症候群〕は、この大元の造血幹細胞に原因不明な異常が起こり、骨髄内で正常な血液細胞を作れなくなる疾患です。

 こうなると、各血液成分が正常な機能を発揮しえない、無効な造血をしてしまう疾患です。

 造血幹細胞に異常が発生すると産生される血球形態も異常となり、これを血球の異形成と呼んでいます。


 血液細胞の形態異常は、赤血球や白血球、血小板のどれか1系統だけに限らず、これらの全部あるいは2系統のいろいろな組み合わせで起こります。

 本来、血球の寿命は短いため、生涯にわたり骨髄中で大量の血球が産生され、末梢血中に供給され続けます。

 無効造血の状態では、末梢血に十分な赤血球や白血球、あるいは血小板が送り出せなくなり、血球減少が起こります。

 このように、血球形態の異形成と血球減少が起こる疾患群ということから、この病気は〔骨髄異形成症候群〕、あるいは英語名から〔MDS:myelodysplastic syndrome〕とも呼ばれています。

 〔MDS〕では、貧血症状や息切れ、倦怠感が現われるほか、皮下出血、鼻出血、歯肉出血などの出血傾向、容易に感染症に罹りやすいなどの現象が現われます。また、〔骨髄異形成症候群〕の患者は、経過中に〔急性骨髄性白血病〕に移行する危険性が高いことが知られています。

 この病気の発症年齢のピークは、60~70代ですが、通常の定期健診の結果で、貧血状態が進行していたり、白血球や血小板の数が減少している場合は注意が必要です。