HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

有棘細胞がん


 〔有棘細胞がん(ゆうきょくさいぼうがん)〕は、表皮細胞から発生する皮膚がんで、皮膚がんの中では〔基底細胞がん〕に次いで多く発症するがんです。

 このがん細胞は、増殖能力を失った細胞である有棘細胞からではなく、表皮の幹細胞である基底細胞から発生し、有棘細胞に似た形に分化した状態で細胞分裂し増殖します。


 〔有棘細胞がん〕は、40歳以上の人の顔面や手の甲など日光に露出する部位などに、紫外線の影響を受けて発症します。

 増大してくると、やがて不整形の腫瘤を形成し潰瘍化して、特有の悪臭を放つようになります。

 発生原因としては、日光紫外線の影響によるものの他にも、次に示すような様々な病気に続発しても発症します。

 ・〔熱傷瘢痕〕
 ・〔外傷瘢痕〕
 ・〔老人性角化層〕
 ・〔尋常性狼瘡〕
 ・〔褥瘡〕
 ・〔慢性放射線皮膚炎〕
 ・〔色素性乾皮症〕
 ・〔尋常性狼瘡〕
 ・〔光線角化症〕
 ・〔ボーエン病〕

 このがんは、〔扁平上皮がん〕とも呼ばれ、普通の皮膚だけでなく、可視粘膜や食道、気管支、子宮腟部などの扁平上皮にも好発します。

 通常は単発で発生し、進行してくると深部の筋、骨中に浸潤し、所属のリンパ節に転移したり、血行性に転移します。

 転移する前に発見されれば、手術での切除が可能ですが、リンパ節転移があるなら郭清術(がんと共に隣接リンパ節も切除)が行われます。また、血行性転移があるなら、放射線療法や化学療法で治療しますが、完治は極めて困難です。

 リンパ節転移や遠隔転移がないなら、5年生存率は85%以上であり予後良好ですが、リンパ節転移があると65%程度、遠隔転移があると10%程度となり予後不良で、終には死に至ります。

 〔有棘細胞がん〕は、日本人に多い皮膚がんのひとつで、日本人10万人あたり約2.5人がこのがんに罹っているとされます。