HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

頚部のがんとは


頚部の模式図  一般に「頚部」とは、頭部と胴体とを繋ぐ身体部位をいい、いわゆる「首」のことを指しています。(図は「gooヘルスケア」より引用し文字部は一部改変)

 この頚部にもいろいろな悪性腫瘍が発生しますが、それらを総称して 〔頚部がん〕 と呼びます。

 主な頚部がんには、〔上咽頭がん〕や〔中咽頭がん〕〔下咽頭がん〕および〔喉頭がん〕があります。

 頚部がんは、その発生部位により性質も異なるのですが、大部分の頚部がんの組織型は「扁平上皮がん」というタイプです。

 それぞれのがんの症状的特徴は、次の表で示すようになっています。

〔中咽頭がん〕や〔下咽頭がん〕〔喉頭がん〕は、過度の喫煙や飲酒が大きな発生要因となっていて、中高年男性に好発します。

 〔咽頭がん〕の患者は、圧倒的に喫煙者に多い点が特徴です。ヘビースモーカーは〔咽頭がん〕になる覚悟をしておくべきです。


主な頚部がんの種類と症状的特長
上咽頭癌  耳閉感、難聴、複視、リンパ節転移による頸部腫瘤など
中咽頭がん  咽頭違和感・異物感、粘膜びらん、潰瘍、腫瘤、嚥下困難など
下咽頭がん  咽頭違和感・異物感、嗄声、嚥下困難など
喉頭がん  嗄声、咽頭異物感、呼吸困難など



頚部のがん ◆頚部のがんにはこんな病気があります。
上咽頭がん  〔上咽頭がん〕は、咽頭の最上部、鼻腔の後方にできる悪性腫瘍で、好発年齢は40~60歳代です。発生原因には「EBウイルス」の感染が関与しているとされます。

 このがんの組織型は、未分化がんや低分化扁平上皮がんが多い傾向にあります。リンパ節や遠隔転移しやすい特徴があり、注意が必要です。

 上咽頭部は、手術が困難ですが、化学療法や放射線療法が効果を発揮しやすい性質があり、通常は化学療法や放射線療法で治療が行われます。

中咽頭がん  上図でも分かるように、中咽頭は口腔うより後方の部位をいいます。ここに出来る悪性腫瘍には、「上壁型」や「前壁型」「側壁型」および「後壁型」があります。下咽頭や食道との重複がんの可能性も高いです。

 〔中咽頭がん〕の重要な発生原因は、重度の喫煙や飲酒の二つです。また、ヒトパピローマウィルス(HPV)感染の関与もあるとされています。

 中咽頭のどの部位にがんが発生したかにより、治療法は異なります。がんの組織型に合わせて、手術療法や化学療法、放射線療法が使用されます。

下咽頭がん  〔下咽頭がん〕は、喉頭蓋より後方部位にできる悪性腫瘍で、「梨状陥凹型」や「後壁型」「輪状後部型」に分類されます。

 このがんの重要な発生因子は、重度の喫煙や飲酒です。中咽頭や食道との重複がんの頻度が高い特徴があります。

 このがんは、初期の頃には無症状なため、早期発見が困難であり、多くの場合、発見時にはかなり進行したがんになっています。また、遠隔転移しやすい特徴もあり、頚部がんの中では最も予後不良です。

喉頭がん  〔喉頭がん〕には、声帯にできる〔声門がん〕、声帯より上部にできる〔声門上がん〕、声帯の下部にできる〔声門下がん〕があります。

 〔声帯がん〕の主要な原因は喫煙で、〔声門上がん〕では、喫煙に加えて飲酒が発生原因となります。

 〔声門がん〕では、初期の段階から「嗄声」の症状が出てくるので早期発見が可能ですが、〔声門上がん〕や〔声門下がん〕では、さしたる自覚症状が出ないために、発見された段階では、かなり進行していることが多いです。

 治療は、がんの治療だけでなく、音声機能を保存することを考慮して行われます。