HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
身体の病気

小児特有のがんとは


 悪性腫瘍になる患者の中で、子どもの占める割合は1%ほどで少ないですが、子どももがんに罹ることはあります。

 通常、子どものがんは〔小児がん〕と呼ばれています。主な小児がんには、次のものなどがあります。

 ・白血病
 ・神経芽腫
 ・脳腫瘍
 ・悪性リンパ腫
 ・ウィルムス腫瘍
   (腎芽腫)


小児がんの種類
小児の白血病
小児の悪性リンパ腫
小児の骨肉腫
小児の横紋筋肉腫
小児の神経芽腫
小児のユーイング肉腫
小児の脳腫瘍
小児の胚細胞性腫瘍
小児の肝腫瘍

 〔白血病〕や〔悪性リンパ腫〕は大人にも多いがんですが、それ以外のがんは、大人では稀なものです。

 小児がんの好発年齢は、乳幼児期が多く、続いて学童期、思春期になるにつれ徐々に減少します。罹りやすいがんの種類も年齢層によって多少、異なります。

小児がんの好発年齢層
乳児期~幼児期前半  乳児期から2歳くらいまでの小児がんは、神経芽腫、網膜芽腫、ウィルムス腫瘍、肝芽腫など。
幼児期~6歳  2歳~6歳くらいまでの小児では、白血病、横紋筋肉腫を含む軟部肉腫。
10歳~思春期  10歳以後思春期にかけては、骨肉腫、軟部肉腫、睾丸や卵巣から生じる胚細胞性腫瘍が多い。

 〔小児がん〕は、発見が困難で、しかも一旦発生してしまうと進行が速いので、早期発見が非常に重要です。しかし、成人のがんに比べて、化学療法や放射線療法がよく効くので、早期発見ができれば、治癒できる病気となっています。

 現在では、多くの場合、がんになった子どもの約70%は治癒しています。日本では、がんに罹る子どもは、年間2,500人ほどです。


小児がん ◆小児特有のがんにはこんな病気があります。
小児の白血病

小児の悪性リンパ腫

小児の骨肉腫

小児の横紋筋肉腫

小児の神経芽腫

小児のユーイング肉腫

小児の脳腫瘍

小児の胚細胞性腫瘍

小児の肝腫瘍