HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気医療技術医薬品健康増進無地空白栄養成分健康食品全身美容術健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度健康用語辞典  
身体の病気

高脂血症


 血液中には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸という4種類の脂質が溶け込んでいます。

 これらの内で、コレステロールや中性脂肪(代表的なのがトリグリセリド)などの脂質が異常に増えた状態を〔高脂血症〕といいます。

 高脂血症のタイプには、どの脂質が異常に多いかで3つに分類されます。


高脂血症のタイプ
高コレステロール血症 コレステロールのみが多いタイプ

高中性脂肪血症 中性脂肪のみが多いタイプ

高コレステロール高中性脂肪血症 両方とも多いタイプ


 血液中のコレステロールや中性脂肪の量が異常に増加したからといって、すぐにはっきりとした自覚症状が現れることはありません。しかし、この高脂血症の状態を長期間、放置していると、やがて動脈硬化となります。

 動脈硬化の状態が継続すると、ついには、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの重大な発作を引き起こし、生命の危険に晒されます。


高脂血症はどんな病気ですか? ◆「高脂血症」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
高脂血症は
どんな病気ですか?
 血液中の総コレステロールや中性脂肪が異常に多くなった状態を高脂血症といいます。高脂血症になると、動脈内壁にコレステロールを主体とした壁ができ、動脈硬化を引き起こすとともに、最後には血管が閉塞してしまい、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気となります。




どんな症状ですか? ◆「高脂血症」の症状をご説明します。
高脂血症の症状  血液中のコレステロールや中性脂肪の量が異常に増えても、痛くも痒くもなく、はっきりとした自覚症状というものがありません。しかし、高脂血症の状態を長く続けていると、動脈硬化と呼ばれる状態が発生します。

 特にLDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれ、動脈の壁にくっつき動脈壁を厚くし硬くしてしまいます。中性脂肪が多いと、HDLコレステロールと呼ばれる善玉コレステロールが減少し、悪玉のLDLコレステロールを増加させます。

 動脈硬化が起こっても、すぐには自覚症状は現れません。しかし、ついには、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの重大な発作を起こす原因となります。動脈硬化になってしまったら大変ですが、その予防や治療は、動脈硬化のタイプで異なりますから、医師によるきちんとした診断を受けて治療しなくてはなりません。


原因は何ですか? ◆「高脂血症」の原因や発症の仕組みをご説明します。
高脂血症の原因  遺伝体質が高脂血症の原因の一つですが、動物性脂肪の過食、過度の飲酒癖、運動不足などの日常の悪い生活習慣によって引き起こされます。その他にも、内分泌性の他の病気(腎臓病、肝臓・胆道疾患、糖尿病、肥満など)によるものや、特に閉経後の女性など加齢によるものなどもあります。


診断はどうなりますか? ◆「高脂血症」の検査方法や診断方法をご説明します。
高脂血症の診断  初期段階では比較的に自覚症状がないため分かりにくいのですが、動脈硬化が進行してくると、胸痛や一時的な手足の麻痺、痺れなどの症状が現れます。はっきりとした自覚症状がでる段階では手遅れの感があるので、やはり定期的な健康診断によるチェックが欠かせません。

コレステロール値などが次のような数値に該当すると、医学的に高脂血症と判定され、治療が必要となります。

 ・血清総コレステロール値:220 mg/dL 以上
 ・中性脂肪値:150 mg/dL 以上
 ・LDLコレステロール値:140 mg/dL 以上
 ・HDLコレステロール値:40 mg/dL 未満


治療はどうやりますか? ◆「高脂血症」の治療方法をご説明します。
高脂血症の治療方針  総コレステロールが高すぎるときは、動物性脂肪の摂取を減らし、食物繊維を多く含む野菜や大豆、海藻などを摂取するようにすると効果があるかも知れません。

 中性脂肪が高すぎるときは、食事での摂取カロリーを減らすことは絶対条件で、飲酒量を減らし、適度な運動をするしかありません。

 これらの対策を実行しても、高脂血症の症状が改善できないときは、薬物療法を行うことになります。