健康・医療館 ↓↓ 健康・医療:グーグル検索 ↓↓ Amazon(健康美容)
Amazon(食品飲料)
Amazon(妊娠育児)
HOME 身体の病気 心の病気 健康保険 介護保険 老人福祉 医療技術 健康診断
医薬品 身体のしくみ 健康増進 栄養成分 健康食品 全身美容術 医療制度 健康用語辞典
健康・医療館 健康保険 手術料 手術料:手術医療機器等加算
健康保険

手術料:手術医療機器等加算


 いわゆる手術料は、次のような五項目から成り立ち、それぞれは更に詳細に分類されています。

 ・手術料(手術の技術料)
 ・輸血料
 ・手術医療機器等加算
 ・薬剤料
 ・特定保健医療材料料

 手術医療機器等加算については、大きく分けて12の分野があり、それぞれの分野は、手術の部位や手術内容などで更に詳細に分類されています。

 ここでは、手術医療機器等加算の大分類と、それらの項目の詳細内容を示します。

手術医療機器等加算の大分類
手術医療機器等加算 脊髄誘発電位測定加算 超音波凝固切開装置加算
創外固定器加算 イオントフォレーゼ加算
副鼻腔手術用内視鏡加算 止血用加熱凝固切開装置加算
自動縫合器加算 自動吻合器加算
微小血管自動縫合器加算
心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器加算
体外衝撃波消耗性電極加算 画像等手術支援加算


手術医療機器等加算 ◆〔手術医療機器等加算〕の種類や点数をご説明します。
脊髄誘発電位測定加算  脊髄誘発電位測定等加算は、脳、脊椎、脊髄又は大動脈瘤の手術に当たって、脊髄誘発電位測定等を行った場合に算定する。

 神経モニタリングについては、本区分により加算する。

脊髄誘発電位測定加算
項目 点数 備考
脊髄誘発電位測定等加算 3,130点

超音波凝固切開装置加算  超音波凝固切開装置等加算は、胸腔鏡下若しくは腹腔鏡下による手術又は悪性腫瘍等に係る手術に当たって、超音波凝固切開装置等を使用した場合に算定する。

 ベッセルシーリングシステムについては、本区分により加算する。

超音波凝固切開装置加算
項目 点数 備考
超音波凝固切開装置等加算 3,000点

創外固定器加算  創外固定器加算は、「骨折観血的手術」「骨長調整手術」および「腸骨翼骨折を除く、骨盤骨折観血的手術」に当たって、創外固定器を使用した場合に算定する。

 骨折観血的手術については、開放骨折、関節内骨折又は粉砕骨折に対して創外固定器を用いた場合に算定する。

 骨長調整手術については、軟骨無形成症及び軟骨低形成症等の骨異形成症、四肢形成不全又は四肢変形の患者に対して脚延長術を行う際に創外固定器を用いた場合に算定する。

 そして、骨盤骨折観血的手術(腸骨翼骨折を除く。)については骨盤骨折(腸骨翼骨折を除く。)について創外固定器を用いた場合に算定する。

創外固定器加算
項目 点数 備考
創外固定器加算 10,000点

イオントフォレーゼ加算  イオントフォレーゼ加算は、「鼓膜切開術」および「鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術」の手術に当たって、イオントフォレーゼを使用した場合に算定する。

 当該加算を算定した場合、麻酔料は別に算定できない。

イオントフォレーゼ加算
項目 点数 備考
イオントフォレーゼ加算 45点

副鼻腔手術用内視鏡加算  副鼻腔手術用内視鏡加算は、次に掲げる手術に当たって、内視鏡を使用した場合に算定する。

副鼻腔手術用内視鏡加算の対象となる手術
上顎洞開窓術 前頭洞充填術 上顎洞血瘤腫手術
上顎洞根治手術 鼻内上顎洞根治手術 副鼻腔炎術後後出血止血法
鼻内篩骨洞根治手術 篩骨洞根治手術 鼻内前頭洞根治手術
前頭洞根治手術 鼻内蝶形洞根治手術 上顎洞篩骨洞根治手術
前頭洞篩骨洞根治手術 篩骨洞蝶形洞根治手術 上顎洞篩骨洞蝶形洞根治手術
上顎洞篩骨洞前頭洞根治手術 経上顎洞的顎動脈結紮術 前頭洞篩骨洞蝶形洞根治手術
汎副鼻腔根治手術 経上顎洞的翼突管神経切除術

副鼻腔手術用内視鏡加算
項目 点数 備考
副鼻腔手術用内視鏡加算 1,000点

止血用加熱凝固切開装置加算  止血用加熱凝固切開装置加算は、「乳腺悪性腫瘍手術」「陥没乳頭形成術、再建乳房乳頭形成術」「乳房再建術(乳房切除後)」の手術に当たって、止血用加熱凝固切開装置を使用した場合に算定する。

止血用加熱凝固切開装置加算
項目 点数 備考
止血用加熱凝固切開装置加算 700点

自動縫合器加算  自動縫合器加算は、次に掲げる手術に当たって、自動縫合器を使用した場合に算定する。

自動縫合器加算の対象となる手術
肺切除術 胸腔鏡下肺切除術 肺悪性腫瘍手術
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺縫縮術 食道空置バイパス作成術
食道切除再建術 食道悪性腫瘍手術 食道切除後2次的再建術
食道・胃静脈瘤手術 食道静脈瘤手術(開腹) 胃切除術
腹腔鏡下胃切除術 噴門側胃切除術 胃全摘術
腹腔鏡下胃全摘術 膵体尾部腫瘍切除術 膵頭部腫瘍切除術
腹腔鏡下脾摘出術 小腸切除術 結腸切除術
腹腔鏡下結腸切除術 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 食道切除後2次的再建術
人工肛門閉鎖術 先天性巨大結腸症手術 腹腔鏡下先天性巨大結腸症手術
直腸腫瘍摘出術 直腸切除・切断術 腹腔鏡下直腸切除・切断術
膀胱悪性腫瘍手術 尿道悪性腫瘍摘出術

 「胃切除術」「腹腔鏡下脾摘出術」「小腸切除術」「人工肛門閉鎖術」「直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)」の手術に当たって自動縫合器を使用した場合は、3個を限度として当該加算点数に使用個数を乗じて得た点数を加算する。

 「肺切除術」「胸腔鏡下肺切除術」「食道空置バイパス作成術」「食道切除再建術」「食道悪性腫瘍手術」「食道切除後2次的再建術」「腹腔鏡下胃切除術」「噴門側胃切除術」「胃全摘術」「腹腔鏡下胃全摘術」「膵体尾部腫瘍切除術」「膵頭部腫瘍切除術」「結腸切除術」「腹腔鏡下結腸切除術」「腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」「先天性巨大結腸症手術」「腹腔鏡下先天性巨大結腸症手術」「直腸切除・切断術」「腹腔鏡下直腸切除・切断術」の手術に当たって自動縫合器を使用した場合は、4個を限度として当該加算点数に使用個数を乗じて得た点数を加算する。

 「膀胱悪性腫瘍手術」「尿道悪性腫瘍摘出術」の手術に当たって自動縫合器を使用した場合は、5個を限度として当該加算点数に使用個数を乗じて得た点数を加算する。

 「肺悪性腫瘍手術」および「胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術」の手術に当たって自動縫合器を使用した場合は、6個を限度として当該加算点数に使用個数を乗じて得た点数を加算する。

自動縫合器加算
項目 点数 備考
自動縫合器加算 2,500点

自動吻合器加算  自動吻合器加算は、次の手術に当たって、自動吻合器を使用した場合に算定する。

自動吻合器加算の対象となる手術
食道空置バイパス作成術 食道切除再建術 食道悪性腫瘍手術
食道切除後2次的再建術 食道・胃静脈瘤手術 食道静脈瘤手術(開腹)
胃切除術 腹腔鏡下胃切除術 噴門側胃切除術
胃全摘術 腹腔鏡下胃全摘術 膵体尾部腫瘍切除術
膵頭部腫瘍切除術 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 腹腔鏡下結腸切除術
直腸腫瘍摘出術 経肛門的内視鏡下手術 直腸切除・切断術
腹腔鏡下直腸切除・切断術 膀胱悪性腫瘍手術 尿道悪性腫瘍摘出術

 「噴門側胃切除術」「胃全摘術」「腹腔鏡下胃全摘術」の手術に当たって自動吻合器を使用した場合は2個を限度として、それ以外の手術にあっては1個を限度として当該加算点数に使用個数を乗じて得た点数を加算する。

自動吻合器加算
項目 点数 備考
自動吻合器加算 5,500点

微小血管自動縫合器加算  微小血管自動縫合器加算は、「遊離皮弁術」「自家遊離複合組織移植術」の手術に当たって、微小血管自動縫合器を使用した場合に算定する。

 四肢(手、足、指(手、足)を含む。)以外の部位において、「遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付きのもの)」または「自家遊離複合組織移植術(顕微鏡下血管柄付きのもの)」を行う際に、微小静脈の縫合のために微小血管自動縫合器を用いた場合に算定する。なお、この場合において、2個を限度として当該加算点数に微小血管自動縫合器用カートリッジの使用個数を乗じて得た点数を加算するものとする。

微小血管自動縫合器加算
項目 点数 備考
微小血管自動縫合器加算 2,500点

心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器加算 心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器加算は、「冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)」の手術に当たって、心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器を使用した場合に算定する。

心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器加算
項目 点数 備考
心拍動下冠動脈、大動脈バイパス移植術用機器加算 30,000点

体外衝撃波消耗性電極加算  体外衝撃波消耗性電極加算は、「体外衝撃波胆石破砕術」「体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」の手術に当たって、消耗性電極を使用した場合に算定する。

 消耗性電極とは、1回又は2回以上の使用により消耗し、交換が必要となる電極をいう。なお、この加算は一連の手術について1回のみ算定する。

体外衝撃波消耗性電極加算
項目 点数 備考
体外衝撃波消耗性電極加算 3,000点

画像等手術支援加算  画像等手術支援加算は、次の二つの区分に分けて算定する。
  ・ナビゲーションによるもの
  ・実物大臓器立体モデルによるもの

 画像等手術支援加算は、当該技術の補助により手術が行われた場合に算定するものであり、当該技術が用いられた場合であっても、手術が行われなかった場合は算定できない。

 ナビゲーションによるものとは、手術前又は手術中に得た画像を3次元に構築し、手術の過程において、手術を補助する目的で用いることをいう。

 実物大臓器立体モデルによるものとは、手術前に得た画像等により作成された実物大臓器立体モデルを、手術を補助する目的で用いることをいう。

 「ナビゲーションによるもの」に該当する手術には次のようなものがあり、これらの手術に当たって、ナビゲーションによる支援を行った場合に算定する。

ナビゲーションによるものに該当する手術
椎弓切除術 内視鏡下椎弓切除術 内視鏡下椎間板摘出(切除)術
脊椎固定術 内視鏡下脊椎固定術 広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術
視神経管開放術 頭蓋骨腫瘍摘出術 頭蓋内腫瘤摘出術
頭蓋内腫瘍摘出術 経耳的聴神経腫瘍摘出術 経鼻的下垂体腫瘍摘出術
脳動静脈奇形摘出術 水頭症手術 脊髄腫瘍摘出術
脊髄血管腫摘出術 神経腫切除術 眼窩内腫瘍摘出術(深在性)
眼窩悪性腫瘍手術 中耳、側頭骨腫瘍摘出術 中耳悪性腫瘍手術
鼻副鼻腔腫瘍摘出術 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術 上顎洞開窓術
前頭洞充填術 上顎洞血瘤腫手術 上顎洞根治手術
鼻内上顎洞根治手術 副鼻腔炎術後後出血止血法 鼻内篩骨洞根治手術
篩骨洞根治手術 鼻内前頭洞根治手術 前頭洞根治手術
鼻内蝶形洞根治手術 上顎洞篩骨洞根治手術 前頭洞篩骨洞根治手術
篩骨洞蝶形洞根治手術 上顎洞篩骨洞蝶形洞根治手術 上顎洞篩骨洞前頭洞根治手術
経上顎洞的顎動脈結紮術 前頭洞篩骨洞蝶形洞根治手術 汎副鼻腔根治手術
経上顎洞的翼突管神経切除術

 また、「実物大臓器立体モデルによるもの」に該当する手術には次のようなものがあり、これらの手術に当たって、実物大臓器立体モデルによる支援を行った場合に算定する。

実物大臓器立体モデルによるものに該当する手術
椎弓形成手術 脊椎、骨盤悪性腫瘍手術 脊椎側彎症手術
広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術 頭皮、頭蓋骨悪性腫瘍手術 頭蓋骨形成手術
眼窩骨折整復術 眼窩悪性腫瘍手術 眼窩縁形成手術
中耳、側頭骨腫瘍摘出術 中耳悪性腫瘍手術 口蓋腫瘍摘出術
頬骨変形治癒骨折矯正術 顔面多発骨折観血的手術 顎骨腫瘍摘出術
下顎骨部分切除術 下顎骨離断術 下顎骨悪性腫瘍手術
上顎骨切除術 上顎骨全摘術 上顎骨悪性腫瘍手術
上顎骨形成術 下顎骨形成術

画像等手術支援加算
項目 点数 備考
画像等手術支援加算 2,000点 ナビゲーションによるもの
2,000点 実物大臓器立体モデルによるもの