HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔便秘薬〕

 

 お腹の調子は個人個人でいろいろと異なりますが、その中でも下痢症の方や便秘症の方は悩みが大きいです。

 下痢症の方にはいろいろの胃腸薬がありますし、便秘症の方にもいろいろな便秘薬が市販薬として売られています。

 市販薬としての便秘薬の多くは、熱帯地方のセンナと呼ばれるマメ科の低木の葉や実のさやに含まれるセンノシドという成分を含んでいます。


 また、便秘薬や下剤の中には、センノシドを使用しないで、腸内の水分を増やして便を軟化させて排便を促すような市販薬も販売されています。

 一般の医薬と同様に、多少の副作用もありますが、軽度の便秘には確実な効果があります。しかし、長期間服用を続けると効果が弱くなるので連用は避け、運動するなどして体調自体を整える努力が必要です。


便秘薬 ◆〔便秘薬〕の効用についてご説明します。
便秘薬  便秘薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらの便秘薬の効能や副作用などを示します。

 ・コーラックS
 ・ビフィーナ便秘薬
 ・ナイスロン錠
 ・新サラリン
 ・新ドクソーがんG
 ・メイスルー
 ・ワカモト便秘薬

便秘薬の特性
特色・効用  熱帯地方のマメ科の低木センナから採れるセンノシドは、大腸の腸内細菌の働きでレインアンスロンという物質を生成します。この物質は大腸のぜん動運動を活発にし便通をよくします。

副作用  過敏症の方がこの便秘薬を服用すると発疹がでることがあります。腹痛や悪心がでたり、お腹が鳴ったりすることがあります。

 妊娠中の方が便秘薬を使用すると、子宮収縮を誘発して流産や早産の原因になることがあります。

飲み合わせ  ひとつの便秘薬を他の便秘薬と同時に併用すると、便秘薬の効果が強く現れすぎるので危険です。

 電解質失調(低カリウム血漿や低ナトリウム血漿)の方が便秘薬を飲んで下痢症状を起こした場合、電解質の吸収が更に悪くなるので服用は禁止です。