HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔アレルギー性鼻炎薬〕

 

 アレルギー性鼻炎は、何らかの刺激が切欠となって、発作的に繰り返しのくしゃみや水性鼻汁、鼻づまりを起こす鼻粘膜のアレルギー症状をいいます。

 鼻アレルギーとか鼻過敏症などと呼ばれることもあります。

 アレルギー性鼻炎と鼻過敏症は、詳しくは別の症状と考えられていますが、日常的にはしばしば同義語として用いられます。


 アレルギー性鼻炎には、季節性のものと通年性のものとがありますが、季節性アレルギー性鼻炎の代表的なものが花粉症です。冷たい空気や乾燥した空気に触れただけで鼻汁が流れ出すような一種の季節性アレルギー性鼻炎もあります。

 通年性のアレルギー性鼻炎の代表は、家庭内に繁殖するダニ類やカビによる鼻炎です。これは家庭内を清潔に保つことでかなり軽減することができます。


アレルギー性鼻炎薬 ◆〔抗ヒスタミン系アレルギー性鼻炎薬〕の効用や副作用などのご説明です。
アレルギー性鼻炎薬  アレルギー性鼻炎薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらのアレルギー性鼻炎薬の効能や副作用などを示します。アレルギー性鼻炎薬にはこれら以外にも多数の医薬があります。

 ・アルガード鼻炎スプレー
 ・エスタック鼻炎スプレー
 ・パブロン点鼻薬
 ・コンタック鼻炎
 ・ベンザAL

アレルギー性鼻炎薬の特性
特色・効用  抗ヒスタミン剤は体がアレルギー反応を起こす引金物質ヒスタミンの働きを抑制して、症状を抑える薬で、アレルギー性鼻炎をはじめ、皮膚や器官などで起こるアレルギー症状にも効果がある薬です。

 このアレルギー性鼻炎薬を使用すると、鼻炎のみでなく、それにともなって起こる鼻水やくしゃみなどの症状にも効果があります。

副作用  この薬には鼻炎に対しての効果はありますが、一般に抗ヒスタミン剤には眠気を促す副作用があるので、車の運転や機械類の操作を行う場合に使用すると危険です。

 睡眠薬や鎮静薬に使われる中枢神経抑制薬、抗痙攣薬として使われる抗コリン薬を使用中の方が、抗ヒスタミン系鼻炎薬を使用すると鼻炎薬の作用を強める働きが出るので注意が必要です。その他の薬との飲み合わせには危険なものもあるので、他の症状で薬を服用している方は医師の指示を受けてください。

飲み合わせ  抗ヒスタミン薬は、中枢神経の活動を抑制して、症状を改善する薬ですが、同様な作用をもつアルコール類を飲むと作用が強く出てしまうので注意が必要です。