HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔滋養強壮薬〕

 

 ビタミンA欠乏症や結膜乾燥症、夜盲症などの治療薬として使われる脂溶性ビタミンAは、眼精疲労の軽減や蛋白質代謝の促進などの効果があるので、滋養強壮剤の成分として使用されます。

 近年、ビタミンA欠乏症は先ず起こりえない状況ですが、極端な偏食などの場合にはこのような滋養強壮剤の摂取が必要となります。

 また、ビタミンC欠乏症や鼻出血などの毛細管出血、シミ、ソバカスなどの色素沈着などの効果で使用される、水溶性ビタミンCは、疲労回復やシミ、ソバカスの解消などのための滋養強壮剤の成分として使用されます。


 ビタミンAやビタミンCは、通常、栄養バランスのよい食生活をしていれば重大な不足ということはないのですが、食品の摂取に偏りがあって心配なときには、このような滋養強壮剤が効果を発揮します。

 ビタミンAやビタミンCによる滋養強壮剤は、妊娠の可能性のある女性や女性ホルモン剤との併用には副作用が起こる場合もあるので注意が必要です。


滋養強壮薬 ◆〔滋養強壮薬〕の効用や副作用についてご説明します。
滋養強壮薬の種類  滋養強壮薬の種類には、次のようなものがあります。ここでは、これらの種類の医薬をご紹介します。

 ・酢酸エステル系滋養強壮薬
 ・アスコルビン酸ナトリウム滋養強壮薬

酢酸エステル系滋養強壮薬  酢酸エステル系の滋養強壮薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらの滋養強壮薬の効能や副作用などを示します。

 ・ステイタスA
 ・チョコラAD
 ・ノアールADチュアブル
 ・ビタミネンAD
 ・ポリグロン

滋養強壮薬の特性
特色・効用  ビタミンAは本来、ビタミンA欠乏症の予防などに使用される物質で、βカロテンが変化してできます。滋養強壮剤として用いられるときは、眼精疲労の軽減や蛋白質代謝の促進などが期待されてのことです。化学成分名は、酢酸エステルです。

副作用  ビタミンAの過剰摂取があると、いわゆるビタミンA過剰症としての肝肥大や体重低下、神経過敏、頭痛、四肢の痛み、関節痛、かゆみ、悪心、食欲減退、脱毛などの副作用が起こります。

 また、ビタミンAを過剰摂取した女性からの出生児には先天異常が発生する場合が報告されているので、妊娠初期の女性のビタミンA滋養強壮剤の使用は厳禁です。

飲み合わせ  女性の妊娠初期や過剰摂取以外には特に問題はありません。

参考情報  科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」によれば、ビタミンAは次のような食品に多く含まれています。

ビタミンAを含む食品
食品 可食部100g当りのレチノール当量
鶏レバー 14000μg
豚レバー 13000μg
ヤツメウナギ 8200μg
牛レバー 1100μg
マーガリン 1800μg
人参 1400μg
パセリ 1200μg


アスコルビン酸ナトリウム系滋養強壮薬  アスコルビン酸ナトリウム系滋養強壮薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらのアスコルビン酸ナトリウム系滋養強壮薬の効能や副作用などを示します。これら以外にも多数の医薬があります。

 ・総合ビタミン剤
 ・シナールA
 ・新レモナC
 ・ハイシー1000
 ・ユンケルC
 ・レフトC

アスコルビン酸ナトリウム系滋養強壮薬の特性
特色・効用  ビタミンCは滋養強壮剤の成分として、疲労回復やシミ、ソバカスの解消のために使用されています。

副作用  この種のビタミンC滋養強壮剤と他の薬との相互作用による副作用として、悪心などがありますが、重大な副作用はありません。

 但し、女性ホルモン剤(エストロゲン)と併用すると、エストロゲンの血中濃度を高め作用を強める働きがあるので注意が必要です。

飲み合わせ  一般食品との食べ合わせで特に問題になるものはありません。但し、女性ホルモン剤や精神安定剤と併用には問題があるので、医師や薬剤師に確認する必要があります。

参考情報  科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」によれば、ビタミンCは次のような食品に多く含まれています。

ビタミンCを含む食品
食品 可食部100g当りの含有量
芽キャベツ 160mg
なばな 130mg
ブロッコリー 120mg
カリフラワー 81mg
ピーマン 76mg
いちご 62mg
ほうれん草 60mg
みかん 32mg