HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬の薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔高血圧治療薬〕

 

 高血圧になる原因はさまざまです。

 高血圧の治療において、何か特定の原因があって高血圧になっている場合には、その原因の治療をして原因を取り除くことで通常血圧に戻すことができます。

 しかし、このように原因がはっきりしている高血圧患者は1割にも満ちません。ほとんどの高血圧患者は原因が不明なのです。

 特別な原因もないタイプの高血圧症は、本態性高血圧症と呼ばれ、いわゆる血圧降下剤を用いた対症療法により治療することとなります。


 血圧降下剤にも多くの種類があるので、医師は、患者の高血圧の程度や患者の体質、治療中の他の病気なども考慮して薬を選ぶことになります。


高血圧治療薬 ◆〔高血圧治療薬〕にはいくつかの種類があるので、それらの特徴をご説明します。
高血圧治療薬  高血圧治療薬には、次のような種類があり、それぞれの種類に多くの医薬があります。ここでは、それらの種類と医薬を示します。

 ・サイアザイド系利尿薬
 ・カルシウム拮抗剤
 ・β遮断薬
 ・α・β遮断薬


サイアザイド系利尿薬  サイアザイド系利尿薬系の高血圧治療薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらのサイアザイド系利尿薬の効能や副作用などを示します。

 ・エシドレックス
 ・ダイクロトライド
 ・ニュートライド

サイアザイド系利尿薬の特性
特色・効用  腎臓の尿細管に作用してナトリウムイオンの排泄を促すヒドロクロロチンアジドという成分は、利尿作用を促進し、体の循環血液量を減少させます。これにより血圧が下がります。

 この医薬は長期継続的に使用すると、末梢血管の血流がよりスムーズになり、安定的な血圧降下を期待することができます。

副作用  過敏症、めまい、低カリウム血症、高尿酸血症、高脂血症などの副作用がでることがあります。

飲み合わせ  この血圧降下剤を服用中にアルコールを飲むと、アルコールの血管拡張作用が血圧を更に下げるよう機能するため、過度の低血圧状態になる可能性があります。アルコールの摂取には注意が必要です。


カルシウム拮抗剤  カルシウム拮抗剤系の高血圧治療薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらのカルシウム拮抗剤の効能や副作用などを示します。

 ・ニフェジピン
 ・アダラート
 ・エマベリン
 ・コリネールL
 ・セパミット
 ・パルピート
 ・ミルファジン
 ・ロニアン

カルシウム拮抗剤の特性
特色・効用  カルシウム拮抗剤は、血管の組織に作用して、カルシウムイオンが細胞内へ流入するのを防止します。これにより毛細血管などの収縮を抑制した、血圧降下作用を生み出します。

 この医薬品は作用時間が非常に短く、服用すればすぐに効果を発揮します。しかし、一度に大量に作用すると危険なので、通常はタブレット錠剤は徐放化処理といって、服用したら徐々に溶解して、効果を長い時間持続するように作られています。

 このような錠剤を噛み砕いて飲むと、血圧降下作用が一気に現われてしまい危険なので、噛み砕いてのむことは厳禁です。

副作用  肝機能障害、心不全、意識障害、血小板減少、ショックなどの副作用がでることがあります。心臓疾患や腎臓疾患のある方が使用するとその疾患を悪化させる危険があります。

飲み合わせ  カルシウム拮抗剤の血圧降下剤を服用するときに、グレープフルーツやグレープフルーツジュースを摂取すると、カルシウム拮抗剤を代謝(分解・無毒化)する酵素の働きを妨害するため、薬の血中濃度が上昇して、急激な血圧降下が起こる可能性があります。


β遮断薬  β遮断薬系の高血圧治療薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらのβ遮断薬の効能や副作用などを示します。

 ・塩酸プロプラノロール
 ・インデラル
 ・シンプラール
 ・ソラシロール
 ・タグ
 ・ヘルツベース
 ・ラピノーゲン

β遮断薬の特性
特色・効用  交感神経の反応伝達経路のうち、β1受容体を刺激すると心臓の収縮力が高まり、β2受容体が刺激されると血管や気管支の平滑筋が収縮します。それらの一部を遮断することで血圧を下げる効果を発揮するのがβ遮断薬です。

副作用  肝機能障害、心不全、不整脈、血小板減少、消化管出血、気管支けいれん、呼吸困難などの副作用がでることがあります。

飲み合わせ  喫煙したり、結核治療用の抗生物質を飲むと、プロプラノロールという物質を代謝する酵素の分泌が促進され、この薬の効果が弱まります。


α・β遮断薬  α・β遮断薬系の高血圧治療薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらのα・β遮断薬の効能や副作用などを示します。

 ・アーチスト

α・β遮断薬の特性
特色・効用  血管収縮にかかわる交感神経の伝達経路となっているα・β受容体を遮断すると、血管の緊張を緩めて血圧を降下させます。

副作用  心不全や徐脈などの副作用がでることがあります。

飲み合わせ  この薬を服用中に、グレープフルーツジュースを飲むと、血圧降下作用が強くでることがあります。