健康・医療館 ↓↓ 健康・医療:グーグル検索 ↓↓
HOME 身体の病気 心の病気 健康保険 介護保険 老人福祉 医療技術 健康診断
医薬品 身体のしくみ 健康増進 栄養成分 健康食品 全身美容術 医療制度 健康用語辞典
健康・医療館 医薬品 処方薬の薬 高脂血症治療薬
医薬品

高脂血症治療薬


 高脂血症は血液中の脂質が異常に多くなった状態をいい、通常特別な自覚症状が現われません。

 脂質の値が高めでも日常生活に支障がないため見過ごされがちになりますが、動脈硬化した血管に血栓ができると心筋梗塞や脳梗塞の原因となり危険です。

 この病気は、血液中の脂質量が基準値を超えているかどうかによって診断されます。

 血液中の脂質としては、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸等がありますが、コレステロールと中性脂肪が、動脈硬化を起こす最大の危険因子となります。

 本来、コレステロールは細胞膜の構成成分として不可欠の物質というだけでなく、胆汁酸やビタミンD、ステロイドホルモンの原材料としても重要な物質です。

 胆汁酸はこのコレステロールから生成され、飲食物として摂取した脂肪分を消化・吸収する作用をもっています。

 健康上、コレステロールや中性脂肪は決して悪者ではありません。ただ、その量が多くなりすぎると問題がでてくるので、適度な量になるように維持することが重要なのです。


高脂血症治療薬 ◆〔高脂血症治療薬〕にはいくつかの種類があるので、それらの特徴をご説明します。
高脂血症治療薬  高脂血症治療薬には、次のような種類があり、それぞれの種類に多くの医薬があります。ここでは、それぞれの医薬の種類と医薬を示します。

 ・スタチン系薬剤
 ・フィブラート系薬剤
 ・陰イオン交換樹脂


スタチン系薬剤  スタチン系薬剤系の高脂血症治療薬には、リポバスなどがあり、これらのスタチン系薬剤の効能や副作用などを示します。

スタチン系薬剤の特性
特色・効用  シンバスタチンなどのスタチン系の薬剤は、肝臓でのコレステロール合成にかかわる酵素の働きを抑えて、血液中の悪玉コレステロールを低下させる薬です。特に、この薬は高脂血症のうち、高コレステロール血症の治療に効果があります。

副作用  横紋筋融解症、肝機能障害、過敏症候群、末梢神経障害などの副作用がでることがあります。

飲み合わせ  シンバスタチン系を服用中に、大量のグループフルーツジュースを飲むと、この薬とその活性代謝物の濃度が上昇し、薬の作用が強く出すぎる可能性があります。


フィブラート系薬剤  フィブラート系薬剤系の高脂血症治療薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらのフィブラート系薬剤の効能や副作用などを示します。

 ・リパンチル

フィブラート系薬剤の特性
特色・効用  コレステロールや中性脂肪などの水に溶けにくい脂質を血液に溶かして運搬する物質を「リポ蛋白」といい、フィブラート系薬剤は、このリポ蛋白の代謝を改善して、肝臓でコレステロールや中性脂肪が必要以上に作られるのを抑制します。

副作用  横紋筋融解症、肝機能障害、顆粒球減少などの副作用がでることがあります。

飲み合わせ  特別な飲み合わせはありません。この薬は胆汁の作用で吸収されるので、胆汁が分泌される食後に服用すると確実な効果が期待されます。


陰イオン交換樹脂  陰イオン交換樹脂系の高脂血症治療薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらの陰イオン交換樹脂の効能や副作用などを示します。

 ・コレバイン

陰イオン交換樹脂の特性
特色・効用  コレステロールは肝臓で合成される胆汁酸を原料としてつくられます。コレスチミドなどの陰イオン交換樹脂は、消化管内で胆汁酸を吸着して排泄を促進します。

副作用  便秘、腹部不快感、腹痛、食欲不振などの副作用がでることがあります。

飲み合わせ  食物との飲み合わせはないですが、抗血栓剤、抗炎症剤、抗生物質、睡眠・鎮静剤などと同時に服用すると、陰イオン交換樹脂系の高脂血症治療薬は、これらの薬の薬効を弱めるので、4〜6時間程度時間をづらせて飲む必要があります。