HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬の薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔卵胞ホルモン剤〕

 

 性的に成熟した女性の卵巣から分泌されるホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)とがあります。

 これらは共にステロイドホルモンと呼ばれます。

 女性ホルモンは極めて重要な薬理作用をもっていて、分泌に異常があると、さまざまな障害を引き起こします。

 エストロゲンには、女性の体を丸みを帯びた姿に形どり、外観の美しさを際立たせる働きがあります。


 また、生殖器官の発達にもかかわり、月経周期の安定化や、排卵、子宮内膜の増殖などを行い妊娠の準備を整えます。このホルモンは、その他にも多くの作用を果たします。

 卵胞ホルモン(エストロゲン)分泌の異常で起こる月経異常の治療(カウフマン療法)や更年期の治療(ホルモン補充療法)には、エストロゲンだけを含んだホルモン剤が使用されます。ホルモンを浸み込ませた薄いシール(パッチ剤)を、腕やお腹に貼りつけて、少量ずつを皮膚から吸収させます。


卵胞ホルモン剤 ◆〔卵胞ホルモン剤〕にはいくつかの種類があるので、それらの特徴をご説明します。
卵胞ホルモン剤  卵胞ホルモン剤には、エストラジオールなどがあり、それぞれの種類に多くの医薬があります。


エストラジオール  エストラジオール系の卵胞ホルモン剤には、次のような医薬があります。ここでは、これらのエストラジオールの効能や副作用などを示します。

 ・エストラジオール
 ・エストラダーム
 ・エストラーナ
 ・フェミエスト

エストラジオールの特性
特色・効用  エストロゲンとも呼ばれる卵胞ホルモンは、生体内の卵巣から分泌され、女性器系の発育を促します。この系統の医薬は、更年期障害、無月経、月経周期異常、月経困難症などの卵巣の機能異常にかかわる疾患の治療薬です。

副作用  過敏症状、不正出血、乳房痛、吐き気、頭痛、めまいなどの副作用がでることがあります。

飲み合わせ  この薬を服用中にタバコを吸うと、薬の代謝(分解、無毒化)酵素が増加するために、血中での薬の濃度がさがり、薬の効き目が弱まります。