HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬の薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔甲状腺ホルモン剤〕

 

 甲状腺ホルモンは、甲状腺から分泌されるアミノ酸誘導体ホルモンで、全身の細胞に作用して細胞の代謝率を上昇させる働きをします。

 甲状腺ホルモンが過剰に分泌され血液中濃度が高くなると甲状腺中毒症が現れます。

 典型的な疾患はバセドウ病です。

 バセドウ病では、眼球突出、暑がり、多汗、心悸亢進、手足のふるえ、疲労感、体重減少などの症状がでます。バセドウ病は、女性が男性の4倍ほど高い率で発症します。


 甲状腺ホルモン合成の過程に異常があり、十分な量の甲状腺ホルモンが分泌されない場合、甲状腺機能低下症が起こります。レポチロキシンナトリウムはこのように低下した甲状腺ホルモンの分泌を補う薬です。


甲状腺ホルモン剤 ◆〔甲状腺ホルモン剤〕の種類について、それらの特徴をご説明します。
甲状腺ホルモン剤  甲状腺ホルモン剤の医薬には、次のような医薬があります。ここでは、これらの医薬の効能や副作用などを示します。

 ・レポチロキシンナトリウム
 ・チラーヂンS

甲状腺ホルモン剤の特性
特色・効用  レポチロキシンナトリウムなどの甲状腺ホルモン剤は、低下した甲状腺ホルモンの分泌を補います。

副作用  狭心症、ショック、うっ血性心不全、肝機能障害などの副作用がでる場合があります。

飲み合わせ  ヨウ素が含まれる海藻を大量に摂取すると、ヨウ素による甲状腺ホルモン亢進作用のために、薬の作用が強まったり副作用がでる場合があります。