HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬の薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔葛根湯(かっこんとう)〕

 

 漢方薬といえば先ず葛根湯(かっこんとう)が思い浮かばれます。葛根湯は葛の根を主成分とした漢方薬で、麻黄(まおう)、甘草(かんぞう)、桂枝(けいし)などの生薬を調合して作られます。


 葛根湯は抗アレルギー作用、抗インフルエンザ作用、抗炎作用などがあり、頭痛や鼻かぜなどの感冒、神経痛、筋肉痛、肩こり、各種炎症、じんましん、湿疹などの治療薬として広く使われます。

 一般に漢方薬は穏やかに薬効をあらわしますが、葛根湯の場合には、体力の衰えている人や著しく胃腸の虚弱な人には副作用がでやすいので、服用しない方がいいかも知れません。


漢方薬 ◆〔漢方薬の葛根湯〕がどんな薬なのかご説明します。
代表的な漢方薬:葛根湯
ツムラ漢方かぜ内服液葛根湯S・ストナ葛根湯2・イトーの葛根湯エキス顆粒・小太郎 葛根湯エキス錠・葛根湯エキス細粒・葛根湯エキス錠・葛根湯など多数

特色・効能  葛根湯は、頭痛、さむけ、発熱、鼻水、のどの痛み、首筋や肩のこわばり、肩こり、筋肉痛などの風邪の初期症状に効き目がある漢方薬です。熱はあるが汗は出ていないときにも効果があります。

副作用  偽アルドステロン症と呼ばれる、むくみ、体重増加、血圧上昇などの重大な副作用が出ることがあります。ミオパシーと呼ばれる脱力感、筋肉の萎縮、手足の痙攣や麻痺などが起こることがあります。また、食欲不振、吐きけ、腹痛、下痢、不眠、頻脈、動悸、発疹や発赤,かゆみなどの過敏症が現れることがあります。

飲み合わせ  葛根湯に調合される麻黄(まおう)に含まれるエフェドリンや、甲状腺ホルモン剤などに含まれるテオフィリンなどの、交感神経興奮作用のある薬と併用すると、不眠、発汗過多、動悸、貧脈などの副作用が現われます。