HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
 
医薬品医薬品全般薬の効用市販薬の薬処方薬の薬内服薬の薬外用薬の薬注射薬の薬特殊用途薬の薬漢方薬の薬  
医薬品

〔小柴胡湯(しょうさいことう)〕

 

 小柴胡湯(しょうさいことう)は、主原料の柴胡(さいこ)に、半夏(はんげ)、甘草(かんぞう)などいくつかの生薬を加えて調合される漢方薬です。

  ・柴胡(さいこ)
  ・半夏(はんげ)
  ・黄ゴン(おうごん)
  ・人参(にんじん)
  ・大棗(たいそう)
  ・生姜(しょうきょう)
  ・甘草(かんぞう)


 小柴胡湯には、肝障害抑制作用、免疫調整作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などさまざまな作用があり、肝機能障害の改善に効果があります。また、吐き気、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感およびかぜの後期の症状などにも効果があります。


漢方薬の小柴胡湯 ◆〔漢方薬の小柴胡湯〕がどんな薬なのかご説明します。
代表的な漢方薬:小柴胡湯
薬の名称に「小柴胡湯」の文字が入っている漢方薬が該当します。とても多くの商品があります。

特色・効能  慢性肝炎による肝機能障害の改善に効果があります。また、気管支や肺の炎症を抑える薬としても利用されます。

副作用  体力著しく低下している人はこの漢方薬を使うことはできません。偽アルドステロン症と呼ばれる、むくみ、体重増加、血圧上昇などの重大な副作用が出ることがあります。ミオパシーと呼ばれる脱力感、筋肉の萎縮、手足の痙攣や麻痺などが起こることがあります。また、食欲不振、吐きけ、腹痛、下痢、不眠、頻脈、動悸、発疹や発赤,かゆみなどの過敏症が現れることがあります。

飲み合わせ  インターフェロンを使用してC型肝炎の治療をしている人は、小柴胡湯を併用すると間質性肺炎を発症する可能性があるので、この漢方薬は使用できません。