基本分野選択:HOME現在:健康増進 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康増進健康増進全般三大健康要素健康度測定基礎代謝有酸素運動無酸素運動休養の効果健康増進機器体の仕組み健康療法  
健康増進

作用するしくみ

 
 アロマテラピーは、心地よい香りを感じながら、植物由来の精油の芳香成分を取り入れることで心身を癒すなどの効果を得ます。

 精油の芳香成分を体内に取り入れるには、大きく分けて次の三つの方法があります。

  ・鼻から脳へ
  ・鼻から肺、全身へ
  ・皮膚から全身へ

 それぞれの特徴をよく理解してアロマテラピーを楽しむとより効果的です。



身体に作用する仕組み ◆〔アロマが身体に作用するしくみ〕をご説明します。
鼻から脳へ  精油の芳香成分を鼻から吸い込むことで体内に取り込みます。精油の香りの成分は鼻の奥にある嗅上皮と呼ばれる組織に届き、そこで香りとして認識されます。嗅上皮はその情報を信号に変え嗅覚神経を介して、脳の感情や本能を司る部分である大脳辺縁系に伝えます。

 「いい香り」を感知した大脳辺縁系は、その情報を記憶を司る中枢である海馬や、ホルモン分泌などの司令塔である視床下部や自律神経などに働きかけます。視床下部は身体機能の調整を行う中枢であり、匂いは本能的に身体諸器官の反応を引き起こします。精油の香りによって得られる安心感・快感・緊張感・覚醒感・瞑想感などが心身のバランスを促し、心身をリラックスさせ、癒してくれるのです。

鼻から肺、全身へ  呼吸とともに鼻から入った芳香成分は、鼻から喉・気管支・肺へと運ばれますが、この間に一部は粘膜に吸着し、粘膜下の毛細管から血液に入り込みます。残りは呼吸により肺胞でのガス交換時に酸素とともに血流に取り込まれ、全身へと運ばれます。

皮膚から全身へ  精油を用いた肌のマッサージや、お風呂に精油を滴下してのアロマバスなどのボディトリートメントでアロマテラピーを楽しむ場合には、芳香成分は皮膚から真皮の毛細血管に取り込まれ全身へと運ばれます。皮膚は多層構造になっており、皮膚には体内の老廃物を排出する役割と、酸素や栄養を取り込む働きとがありますが、皮膚に吸収された芳香物質の血管への到達はとても緩やかです。

 芳香成分が血流にいたるまでにはこのような様々なルートがありますが、吸収された成分は、心身に心地よい影響を与え、最終的にはほとんどが肝臓や腎臓で代謝され、尿とともに排泄されます。