基本分野選択:HOME現在:栄養成分 現在:PC版スマホ版へ移動
 
栄養成分栄養成分全般栄養の秘密基本栄養素機能性成分6つの基礎食品群食事バランスガイド活性酸素抗酸化物質タンパク質・アミノ酸糖質・炭水化物脂質・脂肪酸
ビタミンミネラル食物繊維硫黄化合物ポリフェノールカロテノイドアルカロイド機能性アミノ酸ビタミン様物質糖アルコール酵素酵母
善玉菌類他の機能性成分五十音検索ABC検索数値記号検索  
栄養成分

テアニン

 テアニン(L-Theanine)は、お茶の中に豊富に含まれれるアミノ酸の一種で、グルタミン酸の誘導体です。

 テアニンは、別名で「γ-グルタミルエチルアミド」および「 γ-(エチルアミド) L-グルタミン酸」とも呼ばれます。

 テアニンは、数ある植物の中でも、お茶とその類縁種にしか知られていないアミノ酸であり、お茶の旨み成分のひとつです。

 テアニンは、化学構造的にはグルタミン酸に類似の構造をしていて、お茶の上品な旨みと甘味をつくりだす成分です。


 テアニンは、お茶の木の根で作り出され、やがて葉に移動し、日光を受けるとお茶の渋み成分であるポリフェノールのカテキンへと変化します。このため、テアニンは、日光を遮りながら育てる特上のお茶類、玉露や碾茶(てんちゃ)、かぶせ茶などの茶葉に、豊富に含まれます。

 茶葉には、テアニン以外にも、グルタミン酸・アスパラギン酸・アルギニン・セリンなどのアミノ酸が含まれていますが、お茶の旨味や甘味はテアニンの効果であり、渋味はカテキン類によります。

 テアニンには、興奮を鎮めたり緊張を和らげてくれる働きがあります。

原産地・歴史 ◆〔テアニン〕の原産地や由来・歴史は、どんなですか?
テアニンの由来  テアニンは、特上のお茶類に豊富に含まれる成分で、お茶の旨味や甘味のもととなっている成分です。通常、乾燥茶葉中に1~2%ほど含まれています。

 テアニンは、1950年に玉露から分離精製され、その化学的構造が決定されました。その後、1964年7月に食品添加物として指定されました。

 この成分は、お茶の学名が「Thea sinensis」であることから、「テアニン(Theanine)」と命名されたといわれています。

テアニンの採取  テアニンは、お茶やツバキ、サザンカなどの葉に含まれますが、それ以外の植物にはほとんど存在しない物質です。お茶特有の成分であるテアニンは、旨味成分であるグルタミン酸と類似の構造をもつアミノ酸です。

 茶葉が含有する窒素成分の過半数はテアニンの形で存在しています。お茶の木が吸収したアンモニア態窒素を、お茶の木自体にとって安全な形態として蓄積するために、テアニンが合成されていると考えられています。

 テアニンは、特に上級なお茶に豊富に含まれるのですが、それには理由があります。

 お茶の木の根で産生されるテアニンは、やがて葉へと移動します。そして、葉が日光に当たると、葉中のテアニンは、お茶の渋味成分であるポリフェノール(カテキン)へと変化します。

 従って、葉に日光をたっぷりと当てたお茶には、テアニンは少なくなります。逆に、葉に当たる日光を遮って育てた茶葉には豊富なテアニンが含まれることになります。このため、日光を遮りながら育てる、上級なお茶、玉露や碾茶(てんちゃ)、かぶせ茶などは、豊富なテアニンを含有します。

テアニンを豊富に含むお茶
玉露  玉露は、最上級の日本茶の種類です。製造法としては煎茶に属しますが、茶葉の栽培方法に特徴があります。

 玉露の原料となる茶葉は、収穫の2週間以上前から、覆いを20日間ほどかぶせます。これにより、煎茶の旨味成分であるアミノ酸(テアニン)が増加し、逆に渋味成分であるカテキン類(タンニン)の生成が抑制されます。

 お茶の木に被覆をすることで、特徴的なかぶせ香が生れます。

碾茶(てんちゃ)  碾茶(てんちゃ)は、玉露と同様に収穫前に被覆した茶葉を用いて作られます。茶葉を蒸し、そのまま碾茶炉で乾燥して製造します。煎茶のように茶葉を揉む工程を行わないのが特徴で、見た目は青海苔のようになります。玉露と同様なかぶせ香の香気が生まれ香ばしくなります。

 この碾茶を石臼で挽いて、粉末状にしたものが抹茶です。

 尚、碾茶(てんちゃ)は、中国茶のひとつである甜茶(てんちゃ)はまったく別物です。

かぶせ茶  かぶせ茶も玉露と同様な被覆茶の一種です。新芽が出てきて1芯2葉位の時期に、遮光率85%ほどの黒色ネット直にかぶせ、2週間程してからそのネットをめくって、茶葉を摘みます。

 かぶせ茶は玉露よりは遮光する期間は短くなります。


 茶葉に含まれるテアニンの含有量は、二番茶よりも一番茶、一番茶でも初期の若い芽に多く含まれ、成熟した芽では極端に少なくなります。


主な栄養成分 ◆〔テアニン〕の主な栄養成分は何ですか?
お茶のテアニン含有量  テアニンは、緑茶、烏龍茶、紅茶などのお茶に含まれる何種類ものアミノ酸の中のひとつです。テアニンは、お茶の旨味成分・甘味成分であり、カテキン類(タンニン)はお茶の渋味成分となっています。

 どのようなお茶でもテアニンは含まれていますが、その含有量は、玉露や抹茶などに多く、番茶や煎茶では少なくなっています。日本茶、湯のみ1杯(約80ml当たり)に含まれるテアニン量は、次のようになっています。

テアニンの含有量
玉露 34mg  玉露は、お茶摘みの20日ほど前から日光を遮断。渋みの少ないまろやかな緑茶

抹茶 36mg  日光を遮って栽培し、乾燥した葉を石臼で粉末化。お菓子作りなどにも使わる。

番茶 3mg  製法は煎茶と同じ、硬目の葉を使用。カフェインなど刺激のある成分や渋味は少なく、さっぱりとした味わい。

煎茶 10mg  緑茶の代表、普通お茶と言えば「煎茶」。上級茶ほどうまみや香が増す。



主な効果・効用 ◆〔テアニン〕の主な効果・効用は何ですか?
テアニンの効能  臨床試験において、テアニンの生理作用として様々な効果が確認されています。

テアニンの効能
α波出現  テアニンを摂取後30~40分すると、脳波に、リラックスの指標である、α波が出現します。不安傾向の低い人であれば、50mgのの摂取で、α波が出現します。不安傾向の強い人でも、200mg摂取すればリラックス効果が認められるとの報告があります。

 お茶として摂取したテアニンが、脳の血液脳関門を通過して脳内に移行し、脳をリラックスさせることでα波を出すものと考えられています。

ストレス抑制  テアニン摂取後、クレペリン型暗算課題でストレスをかけ、心拍数、唾液中の免疫グロブリンA、主観的ストレス感などの検査で、ストレスが抑制されるとの報告があります。

睡眠の質の改善  テアニンを摂取すると、睡眠の質の改善が認められ、中途覚醒が減少します。また、起床時の爽快感、熟眠感、疲労回復感の改善が認められます。

PMS  PMSとは、月経前に現れるイライラ、怒りっぽくなる、疲れ易い、憂鬱、集中力の低下、むくみ、仕事が嫌になる、辛いなどの、女性に固有な月経前症候群のことです。

 テアニンには、女性のPMSによる精神的症状を緩和する作用があるとの報告があります。同様に、更年期障害によるほてり、動悸、イライラ、不安感、といった症状も軽減してくれます。

カフェイン拮抗作用  1杯のお茶を飲むと、15~30mgほどのカフェインを摂取することとなり、かなり強い興奮作用を呈するはずですが、実際には、それほど強く興奮することはなく、穏やかな興奮状態となります。

 これは、テアニンによる、鎮静作用がカフェインの興奮作用を抑制するためと考えられています。テアニンには、カフェインの興奮抑制作用、カフェインとの拮抗作用があるのです。

抗がん作用  緑茶に含まれるカテキンには抗がん作用があることが知られています。テアニン自体に抗がん作用はありませんが、抗がん剤の働きを増強する作用があることが認められています。

記憶力増進  動物実験で、テアニンを投与すると記憶力や学習能力が高まることも示されています。テアニンが脳血液関門を通過し脳内に入り込み神経伝達物質のドーパミンやセロトニンの濃度を変化させるためと推測されています。

脳神経細胞の保護  動物実験により、テアニンが虚血による脳神経細胞の障害を軽減し、神経細胞を保護することが認められています。

集中力向上  テアニンは、集中力を向上させ仕事の能率が上がるとされます。

食品への応用  テアニンは、緑茶の風味改善剤として使用されるほか、緑茶以外の食品の苦味やえぐ味を抑制し風味を改善するためにも使用されます。

 ガムやキャンデーなどの菓子類、アイスクリームやヨーグルトなどの冷菓、清涼飲料水、健康食品、美容食品などにも応用されています。



用法・用量 ◆〔テアニン〕の用法・用量はどうなりますか?
テアニンの用法・用量  テアニンの1日あたりの目安量というものは、特にありません。通常のお茶として摂取する場合には、常識の範囲であればいくら飲んでも問題はないと思われます。

 一方、緑茶には、中枢神経系を刺激して、覚醒作用や興奮作用をもたらすカフェインも含まれているので、テアニンだけを摂取したい場合には、サプリメントを利用するのが便利です。

 健康食品やサプリメントでテアニンを摂取する場合には、その製品の表示をお確かめください。


副作用・留意点 ◆〔テアニン〕の副作用や留意点はありますか?
テアニンの副作用  テアニンは、通常のお茶に由来する成分であり、問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 また、他のサプリメントや医薬品との相互作用も報告されておらず、特に極端な場合を除いては、併用しても問題ないと思われます。

 但し、お茶を飲むことで、テアニンが摂取できますが、同時にカフェインも摂取されるので、人によっては睡眠には問題が出るかもしれません。


料理のコツ ◆〔テアニン〕の料理のコツを教えてください。 ▼
テアニン  テアニンは、お茶から摂取するのが簡単ですが、最近では、健康飲料やアイスクリーム、サプリメントもあるので、それらを利用することもできます。

 個人差はありますが、テアニンを摂取すると、30~40分くらいで、脳をリラックスさせるα波が増えてきます。なかなか寝付けない人は、試してみるのもいいかも知れません。個人差があって、逆に眠れなくなることもあります。


健康食品・サプリメント ◆〔テアニン〕の健康食品・サプリメントはありますか。 ▼
市販の健康食品・サプリメント  テアニンの市販健康食品・サプリメントは、ウエルシアなどから販売されています。これらのご利用に関しては、販売会社のご説明だけでなく、上記の内容もよく理解して下さるとよいと思われます。

テアニン健康食品・サプリメントの例
ウエルシア ・ロート 茶花美人 30粒
・20日分リラックスの素