基本分野選択:HOME現在:栄養成分 現在:PC版スマホ版へ移動
 
栄養成分栄養成分全般栄養の秘密基本栄養素機能性成分6つの基礎食品群食事バランスガイド活性酸素抗酸化物質タンパク質・アミノ酸糖質・炭水化物脂質・脂肪酸
ビタミンミネラル食物繊維硫黄化合物ポリフェノールカロテノイドアルカロイド機能性アミノ酸ビタミン様物質糖アルコール酵素酵母
善玉菌類他の機能性成分五十音検索ABC検索数値記号検索  
栄養成分

機能性アミノ酸とは

 人間の身体の多くはたんぱく質でできています。

 ヒトに必要不可欠なアミノ酸は全部で20種類あり、その内で、体内では合成できないアミノ酸が8種類(乳幼児では9種類)あって、これらを「必須アミノ酸」と呼んでいます。

 それ以外の12種類(乳幼児では11種類)のアミノ酸は体内で合成されるので、外部からの摂取が必須ではありません。


 これらのものについては、「蛋白質・アミノ酸」の項をご覧ください。

 実は上記以外にも、人間の身体に必ずしも必要不可欠ではない、多くのアミノ酸もあります。

 アミノ酸の分子構造は、アミノ基(NK2)とカルボキシル基(COOH)を有していて、水に溶け易い性質があり、アミノ酸同士、あるいは他の物質と反応して、人間の生命維持に必要な「生理活性物質」をつくりだします。
 これらのアミノ酸も体内では重要な役割を果たしていて「機能性アミノ酸」と呼ばれています。

 主な機能性アミノ酸には、コラーゲン、タウリン、カルニチン、レクチン、ラクトフェリン、カゼイン、カゼインホソホペプチド等があります。

機能性アミノ酸の種類と効用 ◆〔機能性アミノ酸〕の種類と効用はどんなものかご説明します。
主な機能性アミノ酸の種類
機能性アミノ酸の効用   機能性アミノ酸を多く含む植物と、主な機能性アミノ酸の効用とを示します。



機能性アミノ酸を含む植物と効用
アミノ酸名 多く含む植物 主な効用
コラーゲン





タウリン





カルニチン





レクチン





ラクトフェリン





カゼイン





カゼインホソホペプチド