基本分野選択:HOME現在:栄養成分 現在:PC版スマホ版へ移動
 
栄養成分栄養成分全般栄養の秘密基本栄養素機能性成分6つの基礎食品群食事バランスガイド活性酸素抗酸化物質タンパク質・アミノ酸糖質・炭水化物脂質・脂肪酸
ビタミンミネラル食物繊維硫黄化合物ポリフェノールカロテノイドアルカロイド機能性アミノ酸ビタミン様物質糖アルコール酵素酵母
善玉菌類他の機能性成分五十音検索ABC検索数値記号検索  
栄養成分

酵素とは

 酵素には、人間の身体が固有にもっている潜在酵素と、食物に含まれる食物酵素とがあります。潜在酵素は更に「消化酵素」と「代謝酵素」とに分けられます。

 ヒトの身体が酵素を作り出す能力は、各個人の遺伝子によって決まっていて、一生のうちで作り出せる量には限界があるとされています。

 体内酵素は5000種類以上もありますが、3000種類以上は腸内で作られています。


 酵素には、際立って大きな特徴があります。ひとつの酵素はひとつの働きしかしないという点です。

 そのために非常に多くの種類の酵素が体内に同時に存在し、絶えず働きながらそれぞれの役割を果たしているのです。  消化酵素は、消化するための酵素で、摂取したご飯や野菜などの食物を消化分解し、吸収する働きをします。
 消化酵素は唾液や胃液、膵液などに含まれていて、摂取した炭水化物やたんぱく質、脂肪分などを分解し吸収する働きがあります。

 代謝酵素は、吸収された栄養分を身体の細胞に届けて有効に働くように手助けする酵素です。細胞の新陳代謝や有害物質の除去、自然治癒力、免疫力を高める作用をします。

 食物酵素は、加熱されていない生の食物や発酵食品に含まれる酵素です。加熱された食物と同時に食物酵素を含む食物を摂取すると、消化が助けられます。