基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔明日葉〕

葉菜類とは 白菜 キャベツ メキャベツ レタス
小松菜 野沢菜 明日葉 ちんげん菜 モロヘイヤ
山東菜 からし菜 ケール クレソン ホウレンソウ
水菜 高菜 タアサイ みぶ菜 はなっこりー
ネギ タマネギ ニラ みつば 春菊
セリ セロリ パセリ サイシン ふき
青汁

明日葉の写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 明日葉(あしたば)は、日本原産の野草で主に温暖な太平洋沿岸地域に自生しています。

 生命力が強く、葉を摘み取っても明日にはもう芽が出るという意味合いで「明日葉」と名づけられたといわれます。明日葉は「明日草」とか「八丈草」とも呼ばれます。

 明日葉は、不老長寿の妙薬として古くから知られてきました。

 茎からでるカルコンとクマリンと呼ばれる黄色い液体のうちで、クマリンには皮膚ガンや肺ガンの予防効果が認められ、カルコンは血液サラサラ効果によって血栓や動脈硬化を予防する働きがあるとされています。

 あしたばにはカリウムの含有量が多くあり、体内の塩分(ナトリウム)を体外へ排出して血圧の上昇を抑制する効果もあります。


原産地・歴史 ◆〔明日葉〕の原産地や由来・歴史は、どんなですか?
明日葉の原産地  あしたば(明日葉)は、日本の房総半島から紀伊半島、伊豆諸島や八丈島などの温暖な太平洋沿岸地方が原産地で、主に岩場だけに自生します。中部・南部の太平洋岸地域全域にも自生しています。

 明日葉はセリ科シシウド属の多年生植物で、草丈は1メートルほどに育つ生命力の強い宿根草で、茎葉が食用に供されます。

 明日葉には、「八丈草(はちじょうそう)」および「明日草(あしたくさ)」という別名があります。


主な栄養成分 ◆〔明日葉〕の主な栄養成分は何ですか?
明日葉の栄養成分  明日葉には緑黄色野菜としてビタミンやミネラルなど豊富な滋養成分が含まれています。このため、近年では単なる野菜というだけでなく、一種の健康食品として人気が高まっています。

 あしたばの主な栄養成分は、ビタミンA、ビタミンC、カリウムです。あしたば1束(約200g)当りの栄養成分は、ビタミンA 1.8mg、ビタミンC 82mg、カリウム 1.1g です。

 特徴的な成分として、抗菌作用を持つとされる、カルコン類(キサントアンゲロール)やクマリン類を含んでいます。

明日葉の栄養成分
カロチン  明日葉は、カロチン(ビタミンA)を豊富に含む緑黄色野菜で、明日葉100gに3700μgのカロチンが含まれています。

ビタミン類  100gの明日葉に、ビタミンとして次のようなものが含まれています。
・ビタミンB1:0.10mg
・ビタミンB2:0.24mg
・ビタミンB3(ニコチン酸・ナイアシン):1.4mg
・ビタミンC:55mg

ミネラル類  100gの明日葉に、ミネラルとして次のようなものが含まれています。
・カルシウム:65mg
・カリウム:540mg
・リン:65mg
・鉄:1.0mg

その他成分  100gの明日葉に、たんぱく質:3.3gが含まれています。



主な効果・効用 ◆〔明日葉〕の主な効果・効用は何ですか?
明日葉の効能  明日葉は、多くのミネラル、ビタミンを含み、栄養豊富な薬草です。皮膚ガンや肺ガンの予防効果、細胞や血管の老化予防作用、カリウムによる体内の塩分の排出作用など、多くの効用が知られています。

 明日葉の茎を切ると黄色い汁が出てきますが、これはイソクエルチトリンという成分で、利尿作用や高血圧予防作用、緩下作用、便秘防止作用などがあります。

 この他にも精油(香油成分)やアンゲリカ酸などの苦味成分もあり、食欲増進や疲労回復、強壮作用の効果もあります。

 明日葉に含まれるカルコン類やクマリン類による抗菌作用もあります。

 明日葉は、古来より中国では薬用として用いられてきた植物です。また、枯れる前に掘り起した根茎には薬用効果があり、朝鮮人参の代用品として利用されることがあります。


用法・用量 ◆〔明日葉〕の用法・用量はどうなりますか?
明日葉の摂取方法  明日葉は、一般の緑黄色野菜として食用にされますが、健康食品として、青汁として使用されます。食物繊維やビタミンB2などもケール以上に多く含まれているので美容にも効果があります。


副作用・留意点 ◆〔明日葉〕の副作用や留意点はありますか?
明日葉の副作用  明日葉は、ごく普通の食品なので、特別な副作用などはありません。


料理のコツ ◆〔明日葉〕の料理のコツを教えてください。
明日葉料理  おひたしにする場合は、アク抜きのために下茹でが必要ですが、葉が柔らかいので茎と葉は別々に手際よく茹でるのがコツです。また、天ぷらにすれば、β-カロテンの吸収もよくなる上、下茹での必要もありません。

 明日葉の旬の時期は3~4月ですが、春から夏に若葉や葉、茎などが食用にされます。独特な風味をもっていますので、塩1つまみを入れた熱湯で茹でてから2~3時間冷水に晒せばアク抜きができます。

 料理のコツはこの独特な風味(クセ)を取り除くことで、一般的な食し方は、天ぷらやバター炒め、おひたし、マヨネーズ和えなどです。サラダとして食すこともできます。

 余談ですが、明日葉の産地である伊豆諸島では、明日葉の粉を混ぜ合わせて健康食品としたり、ケーキや蕎麦、焼酎、茶、こんにゃく、アイスクリームなどを製造するそうです。また、アシタバの根入りドリンクなども販売されています。