基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔ネギ〕

葉菜類とは 白菜 キャベツ メキャベツ レタス
小松菜 野沢菜 明日葉 ちんげん菜 モロヘイヤ
山東菜 からし菜 ケール クレソン ホウレンソウ
水菜 高菜 タアサイ みぶ菜 はなっこりー
ネギ タマネギ ニラ みつば 春菊
セリ セロリ パセリ サイシン ふき
青汁

ネギの写真 
(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」) 
 ネギの原産地は、中国西部とされています。ネギは紀元前より栽培され、日本へは朝鮮半島を経由して伝わりました。

 ネギにはβ-カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分などが含まれています。また、ネギの匂いはアリシンという硫黄化合物で、血液をサラサラにしコレステロール値を下げる働きがあります。

 ネギで特記すべきものは、群馬県の下仁田ネギです。幕府に献上していたネギであったことから、古くは殿様ネギと呼ばれていました。

 その後、上州ネギと呼ばれ、更に現在では下仁田ネギとして全国的に有名なネギとなっています。

 関東地方では、太くて白い部分を食べる根深ネギが好まれ、関西では細い緑の部分を食べる葉ネギが好まれています。

 ネギには、青ねぎ、白ねぎ、あさつき、わけぎ、下仁田ねぎ、ポロねぎなど、多くの種類があります。


原産地・歴史 ◆〔ネギ〕の原産地や歴史をご説明します。
ネギの原産地・歴史  ネギの原産地は中国西部で、日本へは朝鮮半島を経由して伝わりました。ネギは古来より食用や薬用として利用されました。ネギはヨーロッパにも伝わったが、日本のように普及することはありませんでした。


主な栄養成分 ◆〔ネギ〕の主な栄養成分についてご説明します。
ネギの主な栄養成分  ネギの主な栄養成分は、ビタミンC、ビタミンA、カルシウムです。ネギ1本(約50g)当りの栄養成分は、ビタミンC 5.5mg、ビタミンA 1μg、カルシウム 16mg です。


主な効能・効用 ◆〔ネギ〕の主な効用・効能についてご説明します。
ネギの主な効用・効能  ネギの匂い成分であるアリシンは、交感神経を刺激し体温を上昇させ、発汗を促すなどの作用があり、疲労回復や肩こりなどに効果があります。


風作用・注意点 ◆〔ネギ〕の副作用や注意点についてご説明します。
ネギの副作用や注意点


料理のコツ ◆〔ネギ〕の料理のコツをご説明します。
ネギの料理のコツ  ネギを細かく刻んでやると匂いの素であるアリシンの量が増えます。アリシンやビタミンCは水に溶けやすく、しかも熱に弱いので、鍋物などでネギを食べるときは、煮すぎないようにするのがコツです。