基本分野選択:HOME現在:健康食品 現在:PC版スマホ版へ移動
 
健康食品健康食品全般健康食品の分類健康食品の効用健康食品の留意点市販健康食品植物由来系動物由来系鉱物由来系機能系発酵食品酒類
油脂類調味料類甘味料類香辛料類食品添加物類嗜好飲料類健康茶健康酢菓子類調理加工食品類
五十音検索ABC検索数値記号検索  
健康食品

〔さ〕ではじまる健康食品

 



 このページは、【さ】ではじまる健康食品、一般食品、およびいろいろな健康関連用語の解説ページを検索するためのページです。

 【さ】ではじまる健康食品、サプリメントの中で、特に注目されているものは、次のようなものです。

 ・サフラン
 ・雑穀米
 ・里芋

 これらを含め、【さ】ではじまる個々の健康食品・サプリメントの概略はページ下部の概説をご覧ください。


健康食品・サプリメント概説 ◆〔健康食品名〕〔サプリメント名〕クリックで詳細ページに移動します。
ザーサイ  植物のザーサイは、アブラナ科アブラナ属の越年草で、カラシナの変種であり茎が大きく肥大しているのが特徴であり、ザーツァイ(搾菜)とも呼ばれます。

 この植物から作られる漬物もザーサイ(搾菜)と呼ばれ、中国の代表的な漬物ですが、歴史は浅く、1900年頃に四川省で作られたのが最初で、現在は台湾や日本でも生産されています。

サーデンペプチド

サイシン  サイシンは、アブラナ科の野菜のひとつで、はくさい、カブの仲間であり、ツァイン、苔菜(とうな)とも呼ばれます。サイシンは、トウを食べる中国野菜です。暑さに強く、寒さに弱い作物で、旬は初春。最新の葉には青臭さがあり、つぼみには苦味があるので、サラダには向きません。油炒めや煮物、漬物として食べられますが、種子からはナタネ油をとることもできます。

サクラエビ

ザクロ茶

サケ

サバ

サフラワー油

サフラン  サフランは、地中海沿岸を原産とするアヤメ科の多年草であり、そのめしべを乾燥させたものが香辛料となります。日本では大分県竹田市で約8~9割が生産されています。サフランの主成分はα、β、γ‐カロテンで、他に色素配糖体であるクロシン、無色の苦味配糖体ピクロクロシン、精油、クロセチンなどを含みます。

サポニン

サラダ油

サンマ

石榴(ざくろ)

さくらんぼ  さくらんぼはセイヨウミザクラなどの果実で、桜桃とも呼ばれます。さくらんぼは、丸みを帯びた赤い実のものが多いですが、品種により黄白色や赤暗色で紫系のものもあります。主な栄養成分は、カリウム、葉酸、アントシアニン、ソルビトールなどで、高血圧予防、動脈硬化予防、眼精疲労、便秘改善などの効果が期待されます。

ささげ  ささげは、マメ科の一年草で、つる性の種類とつる無しの種類とがあります。ささげは莢の先が上に反り返り、物を「捧げる」手の形に似ていることからこう呼ばれるようになったとの説などがあります。また、豆が角ばることから大角豆と呼ばれることもあります。

 ささげの豆の色は赤色、黒色、褐色、白色、白赤斑のものがあり、形状は腎臓形をしています。つる性種は草丈2m以上になりますが、つる無し種では30cm程度です。暑さに強く、寒さに弱い植物です。

さつまいも  サツマイモは、日本には江戸時代初期に伝わり薩摩藩を中心に普及しました。どのような気候や土壌でも安定して収穫ができ、現在では全国で栽培されています。日本では芋の部分しか食用にしませんが、中国や東南アジアではつるや葉も野菜として食します。

酢酸菌

雑穀米  雑穀米は、米を含む多くの穀物類を混ぜて作る食品で、さまざまな栄養成分が含まれ、健康食品として人気があります。穀類には、玄米、大麦、稗、粟、黍、赤米・黒米・緑米、大豆、小豆、黒豆、はと麦、そば米などがあって、5種類を混ぜた五穀米、12種類混ぜた十二穀米などがあり、ビタミンやミネラルが豊富です。

砂糖

里芋  里芋はサトイモ科の植物で、原産地はマレー地方です。日本には縄文時代に伝来しました。茎の地下部分にできる塊茎を食用としますが、葉柄も食用になります。そして、家庭料理の煮物の材料として頻繁に使われます。

山椒

山東菜  山東菜は白菜の一種ですが、実が結球しない特徴があります。葉先が開いた「半結球」状態で大きく育ちます。埼玉県の東南部で栽培されている程度で生産量は少ないです。主に漬物やおひたしに使われます。

三年番茶