基本分野選択:HOME現在:全身美容 現在:PC版スマホ版へ移動
 
全身美容全身美容全般整形手術痩身術美顔術身体美容術エステティック若返り癒しお化粧ブライダル  
全身美容

〔審美歯科〕

 

 審美歯科は、虫歯や歯周病などの歯や歯茎の病気治療、機能回復だけでなく、口もとの総合的な健康美を追及する歯科医療をいいます。

 歯は顔面の目立つ部位にあるため、単に咀嚼機能だけがあればよいわけでなく、どうしても審美的な要素も考慮しなければなりません。

 しかし、通常の健康保険制度による治療では、歯の機能的な治療に重点がおかれるため、審美的治療には限界もあります。



 審美歯科では、歯などの美しさに重点が置かれた総合的な歯科医療分野で、具体的内容には、歯列矯正治療、ホワイトニング、オールセラミック、インプラント(人工歯根)、その他特殊材質による人工歯などがあります。  歯列矯正やインプラントなどの審美歯科における治療は、健康保険の対象外となるので費用はかなり掛かります。

 美しくなるためにはお金が掛かりますが、自分に自信がつくなどそれ以上に得られるものがあります。

どんな美容術ですか? ◆〔審美歯科〕とは、どんな美容術なのかご説明します。
審美歯科の美容術  現在の健康医療制度では、虫歯を治療したり、口内炎を治療したり、あるいは噛み合せを調整したりなど、歯の機能的な面に重点が置かれて治療が行われています。

 歯の治療には、機能的な面だけでなく、審美的な側面があり、自信をもって日常生活していく上では、どちらも共に重要です。

 日本には、〔日本歯科審美学会〕というのがあり、〔歯科審美学〕という学問分野を定義しています。それによれば、「歯科審美学とは、顎口腔における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である。」となっています。

 審美歯科学では、歯牙の審美的修復などの研究、分析、治療をしていて、その代表的な研究対象は、歯牙漂白法(ホワイトニング)などです。

 最近では、人工の歯を埋め込むインプラント技術が進歩したため、そのような特殊分野も含め、審美歯科の具体的内容には、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、その他特殊材質による人工歯などがあります。


美容術の由来・歴史 ◆〔審美歯科〕の由来・歴史についてご説明します。
審美歯科の由来・歴史  審美歯科は、1990年代にアメリカ、ロスアンゼルスの歯科医師たちが提唱し始まりました。従来の歯や歯茎に治療だけで満足できず、もっと積極的に、美的観点から歯を美の対象として治療しようとする運動でした。

 アメリカでは、歯の機能だけでなく、口元を美しく見せる審美治療は常識ですが この動きはやがて全世界に広がり、現在では日本をはじめ、主に先進国を中心として世界中で広く行われるようになりました。

 現在、日本では「審美」という言葉が使われますが、これは「エスてディックス」の翻訳語です。美容が「コスメティックス」と呼んでいるのとはちょっと異なるニュアンスがあります。


美容術の方法 ◆〔審美歯科〕の方法についてご説明します。
審美歯科の種類  審美歯科では、歯などの美しさに重点が置かれた総合的な歯科医療分野です。審美治療を希望する人たちは、虫歯や痛んだ歯の治療を先ず終らせて、歯並びや歯の大きさ、歯の色合いなどを美しくしたいなどの希望を述べます。

 歯を機能面だけでなく、審美面も素敵にして、健康的な美しさを表現したいと願うわけですが、希望する項目は、大きく分けて次のように分類されます。

 これらの希望を叶えるために具体的な治療あるいは外科手術内容には、歯列矯正治療、ホワイトニング、オールセラミック、インプラント(人工歯根)、その他特殊材質による人工歯などがあります。

審美歯科希望者の望み
歯や歯茎の治療 これが基本。

噛み合せ調整 かみ合わせは健康への第一歩。

白い歯 審美歯科治療の第一歩。
タバコを吸う人などの大敵、それが歯の変色。
変色のない白い歯が欲しい。
金歯、銀歯は嫌。

綺麗な歯並び 審美歯科治療の二つ目。
自信のもてる綺麗な歯並び。

入れ歯は嫌 審美歯科治療の三つ目。
入れ歯にはしたくない。
差し歯でもよい。
人工歯根、インプラントを入れたい。


ホワイトニング  若い時代には当たり前だった、ピカピカ光る白い歯ほど素敵なものはありません。しかし、年齢を重ねるうちに、いろいろな理由で歯の色は黄ばんだり、黒ずんだり、汚れてきます。

 タバコのヤニが染み付いたような歯を何とかしたい、虫歯にかぶせた金歯・銀歯はみっともないので何とかしたい。このように、誰でもピカピカ白い歯に憧れます。

 歯の白さは、その人の第一印象を決定付けますので、オフィスで働く女性ばかりではなく、男性にとっても重要です。特に仕事の関係で人と接することの多い人には、白くて清潔感のある歯は絶対条件です。

 汚れた歯や、金歯・銀歯を、生まれながらのような美しい歯にするのが〔歯のホワイトニング〕です。ホワイトニングの方法には、自宅でできる〔ホームホワイトニング〕をはじめ、〔機械的クリーニング〕や〔ラミネートベニア〕〔セラミッククラウン〕〔オールセラミック〕などの方法があります。

 ホワイトニングの方法の内、自宅でできる〔ホームホワイトニング〕は、長い時間が必要で、即効的な効果は期待できません。まとめて〔オフィスホワイトニング〕等と称するその他の方法は、それなりに効果もあり、即効性もあります。

ホワイトニングの方法
ホームホワイトニング  白い歯が欲しいけど、審美歯科医に行って治療を受けるだけの時間がないという人にはこのホームホワイトニングがお勧めです。

 といっても、特別な方法があるわけではありません。単純に、歯を白くするとされる普通の練り歯磨きを買ってきて、毎日2~3回、丹念に歯を磨くという方法です。

 自宅でのホワイトニングは、時間が掛かります。毎日、丹念に続けることがコツです。

機械的クリーニング  タバコのヤニが歯の表面についてしまって、汚くなった歯であれば、〔機械的クリーニング法〕で、汚れを落として、元の状態に戻すことができます。

 通常、このような治療は、訓練を受け、専門知識を持った歯科衛生士が行いますので、治療中に痛くされることもありませんし、治療後の白さはピカピカになり、納得のいく効果を期待できます。

 機械的クリーニング法の良い点は、普段の歯磨きではどうしてもよく磨けないような、歯磨きの難しい部分の手入れ、洗浄も徹底的にしてもらえる点です。洗浄後には、細菌や汚れの付き難い完璧な口腔環境となります。

 機械的クリーニングを行っても、日常の生活習慣を改めないと、いつの間にかまた汚れてしまいます。機械的クリーニングで、白い歯をキープしたいと望むなら、歯垢を除去するのと同様に、定期的に行うことが重要で、これがしっかりした歯を長く保つ秘訣ともなります。

ラミネートベニア  ラミネートベニア法は、先ず、前歯などの歯の表面をごく薄く削ります。そこに一種の〔付け歯〕のような感じで、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることで、歯の色合いや形を調整するホワイトニングの方法です。

 ラミネートベニア法は、歯の色合いも気になるけれど、前歯の形やバランスが悪いとか、前歯の隙間が気になる時などに最適な方法で、仕上がりはごく自然に完成します。また、治療後の変色や着色もありません。

 この治療法は、通院回数も少なくでき、しかも完成後の美しさは抜群なので、比較的忙しい人にも向いています。

セラミッククラウン  虫歯治療でよく使われる金歯や銀歯は、歯の部位によっては目立ってしまいみっともないものです。金歯などの代わりに、セラミッククラウンを被せると、見た目も清潔そうで綺麗な歯になり、しかも丈夫で機能的にも優れた歯が実現します。

 〔クラウン〕とは、虫歯の治療時に歯の一部を削り、削った後に被せる人工の歯のことをいいます。通常、クラウンとは呼ばずに〔差し歯〕や〔被せ物〕などと呼ばれることが多いです。

 セラミッククラウンは、そのクラウンをセラミックで作ったものです。セラミッククラウンで治療すると、見た目は非常に美しく、変色することもなく、また、歯垢も付き難いとされます。

 セラミックは、金属ではないので、金属の溶解による金属アレルギーの心配もなく、歯や歯茎の変色も起こりません。

 余談ですが、大きな虫歯を治療するとき、神経を抜いて治療したときなど、通常はクラウンを使って行います。しかし、目立たない場所などの治療では、被せ物は使わないで、〔インレー〕と呼んで詰め物を入れた治療法もよく使われます。

メタルボンドクラウン法
メタルボンドクラウンの構造図  歯の審美治療のひとつに〔メタルボンドクラウン法〕があります。この方法は、土台である支台築造体に金属を使用し、その上にセラミック製の差し歯を被せる治療法です。

 メタルボンドは、〔陶材焼付鋳造冠〕などと呼ばれることもあります。

 この技法は、歯の標準的な治療法として、長い間使われてきました。従来は審美修復の王道とされていました。


 メタルボンド法では、金属の土台の上にセラミックを焼き付けるので、強度的には十分ありますが、歯茎近傍で、光の透過が遮るためにやや不自然さがあります。

 土台に金属を使用することで、長期的には金属が溶出して黒ずんだ歯茎をつくるようになり、健康的に見えないという欠点があります。また、経年変化で歯茎が下がると、金属が露出し、歯肉との境目が黒く見えることもあります。

オールセラミッククラウン法
オールセラミッククラウンの構造図  オールセラミッククラウンは、クラウン(差し歯)も、その土台となる支台築造体自体もセラミック製です。

 セラミックは、自然な美しさだけでなく、機能的にも審美的にも理想的な素材です。

 特に、オールセラミッククラウンとは、その土台も差し歯の部分もセラミック製であり、非常に高価ですが、見た目は圧倒的な美しさを誇ります。


 オールセラミッククラウン法は、普通の虫歯などに限らず、歯根部分だけしか残存していない歯に対しても最高の美しさに仕上げる力があります。

 オールセラミッククラウン法では、土台の部分も差し歯(冠)の部分も、共にセラミック製であり金属を一切使用しないので、金属アレルギーなどの心配もない他、歯の透明感、質感、明るさが最高に美しく仕上がります。

 金属溶出がないことで、経年劣化はなく、歯茎付近が黒ずむことも起こりません。また、歯垢が付着し難いともいわれます。

 オールセラミッククラウン法では、残存した歯を比較的多く削らないといけないこと、場合によっては割れ易いなどの欠点もあります。最新では、セラミックとして酸化ジルコニアという非常に強い素材が実用されていて、割れる心配はなくなりましたが、一方で丈夫すぎて、噛み合せる歯の方が磨耗することがあります。


歯列矯正  歯の悩みには、不ぞろいの歯、出っ歯、大きすぎる歯、小さすぎる歯、やい歯など多くの種類があります。このような悩みを持つ人は一種の劣等感に襲われ、大きな声で笑顔も作れない、何事にも自信が持てないで引っ込み事案になってしまいます。

 こんな悩みを解決してくれるのが、〔歯列矯正〕という審美歯科治療です。

 歯の並びが悪いと、見た目にも不都合が多いですが、歯本来の機能面でも問題が起こります。歯の並びが悪いために〔不正咬合〕状態になってしまい、本来の食物の咀嚼がうまくできなくなるのです。

 不正咬合が起こる原因には、次のようなものがあり、これが酷い場合には、矯正しなくてはなりません。また、矯正することで美容面でも価値は大きく、自信が持てるようになります。

不正咬合が起こる原因
個々の歯の位置の不正
複数の歯の位置の不正
歯列弓の形態の不正
上下顎の歯列弓の位置関係の不正
歯列弓の位置関係について、アングルの不正咬合

 これらの原因により不正咬合となっている場合の歯列矯正は、矯正用治具を嵌めて長年月かけて少しずつ行うのが一般的な方法です。

 子供の場合、乳歯が残っている段階での矯正は絶対にすることができません。乳歯がなくなって歯が出揃った段階以降であれば矯正を開始することができます。

 基本的に子供でも大人でも矯正は可能ですが、子供の場合でも2~5年はかかります。子供は、矯正装置を顎の成長に合わせて利用することでかなり成功します。

 大人の場合でも、矯正はできますが数年は必要です。個人差が大きくて、最長で10年も要することもあります。期間短縮のために手術が必要となることも多いです。

歯列矯正の治療段階
オルソパントモグラフィおよびセファログラフィによる診断  これらは、歯科でのパノラマ撮影法
顎の発育コントロール 成長期の子どもの顎の成長を制御して歯並びや噛み合せを治療
必要に応じた抜歯 成長期を過ぎてしまった大人では整列できない余分な歯を抜くことも
歯の三次元的移動
歯磨き指導
保定 矯正後の歯が元の位置に戻らないように固定

 一般に歯列矯正は矯正装置を用いて行います。そして、強制装置には〔器械的矯正装置〕と〔機能的矯正装置〕の二種類があります。

 歯列矯正に使用される一般的な装置には、次のようなものがあります。

  ・上顎顎外固定装置(ヘッドギア)
  ・上顎前方牽引装置
  ・舌側弧線装置
  ・唇側弧線装置
  ・マルチブラケット
    ・エッジワイズ装置:エッジワイズ法
    ・ベッグ装置:ベッグ法
  ・バンド、輪ゴム

 矯正により、歯列が希望の状態になった後、放置するとまた不揃いになってしまう危険性があります。そのため、〔保定〕と呼ばれる段階があり、歯並びを一定位置に固定し、逆戻りしてしまわないようにする作業、保定を行います。

歯列矯正装置
器械的矯正装置 器械的な力を用いて歯の移動や顎の成長のコントロールを行う
機能的矯正装置 それ自体はなんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の機能を整える

 矯正治療期間中には、堅いものや粘り気の強い食物などは食べないように注意しなくてはなりません。これらにより、矯正装置の調整がずれたり、外れてしまったりする可能性があるからです。

 本来の矯正法は長い年月が必要となるため、これに耐え切れない人もいます。最近では、〔歯列矯正オールセラミッククラウン法〕と呼ばれる歯列矯正外科手術が可能となっています。手術により数週間以内で歯の並び矯正や歯の形、色合いなどが一気に改善されます。

 短期間で極めて美しい歯並びが実現しますが、莫大な費用がかかります。



インプラント(人工歯根)  事故などで歯を失ってしまった人、歯槽膿漏などの病気で歯を失ってしまった人は、歯がなくなることで、顔の形がたるんだり歪んだりすることがあります。

 特に、奥歯が抜けてしまうと思うように食事を楽しむことができなくなります。抜けた奥歯の数が少なければ、通常なら〔部分入れ歯〕を入れて凌ぐことになります。

 しかし、部分入れ歯は違和感が大きいことや管理が大変なこと、食事中に外れて口腔内を怪我してしまう危険性などがあり、敬遠する人も少なくありません。

インプラント構造図  このような問題を解決できる歯の半永久的な治療法に〔インプラント法〕があります。これは、〔第二の永久歯〕とも呼ばれるような天然の歯に近い人工の歯を実現する方法です。

 インプラント法では、先ず、顎の骨に穴を開けて、その中にチタン製の人工歯根を埋め込みます。数か月の時間を経て、新陳代謝によりその人工歯根が完全に骨と融合するのを待ちます。

 人工歯根が完全に植えついたら、その上部にセラミック製の人工の歯を取り付けます。これにより、自然な仕上がりが実現するだけでなく、天然の歯と変わらない噛み心地が得られるようになります。

 インプラント法で新しい歯が完成すると、そこに本来の歯が普通どおりあるような実感が湧き、何の違和感もなく、普通に食事を楽しむことができるようになります。部分入れ歯のような不自然さはまったく感じられません。

 インプラント法は、このように非常に素晴らしい技術なのですが、唯一の欠点は、その費用が非常に高いことです。1本で30~50万円も掛かります。

 インプラント手術は、顎の骨に穴を開けてそこに人工歯根を埋め込むという、特殊な技術ですので、手術はそれなりに精神的な緊張を伴います。手術中は心臓や脳に負担も掛かります。

 通常、手術は部分麻酔だけで行いますが、大学病院の歯科医療部門などでは、患者の希望により、専門の麻酔医が麻酔を施し眠っている間に手術を行うこともあります。

 実は、このサイトの管理人である私も奥歯2本にインプラントの歯を入れています。私の場合、顎の骨に人工歯根を埋め込むだけの十分な厚みがなかったために、事前に顎の骨の成長促進剤を顎の骨に入れる手術を受けました。顎の骨が十分に成長するまで4か月ほど待ってから、インプラント本来の手術を受けましたので、通算では1年近くの時間がかかりました。

 お金も時間も掛かりましたが、完成後は素晴らしい使い心地に大変満足しています。


美容術の効果・効用 ◆〔審美歯科〕の主な効用・効能についてご説明します。
審美歯科の効果・効用  審美歯科に限りませんが、自分自身の顔の一部にでも自分が気に入らない部分があったり、もっと美しくしたい部分があると、時には劣等感に襲われてしまうかも知れません。

 醜いとまでいわなくても、汚い歯を持っていると、それがコンプレックスになり積極的に行動もできません。どうしても、それを隠そうとする心理状態が生れてしまうからです。歯を綺麗にすれば、性格も一転して明るく振舞うことができるようになります。美しい口もとからこぼれる笑顔は、接するひとたちに良い印象を与えます。

 歯並びの悪い人が歯列矯正の治療を受けると、今までとは違った自分を発見できます。いつでも安心して笑える自分、人前で平気で話題に乗れる自分を発見します。そんな魅力的な歯を持つ自分がそこにいるのです。

 審美歯科治療を行うことで、性格まで明るくなり、自分に自信がもて、積極的に行動できるようになることが、審美歯科治療の最大の効用となります。


料理のコツ ◆〔審美歯科〕の副作用や注意点についてご説明します。
審美歯科の副作用・注意点  これは副作用や欠点ではありませんが、例えばインプラントで人工歯を入れることで入れ歯が不要となり、歯列も美しくなりますが、インプラントの場合でも歯の手入れなど口腔管理のしっかりできない人は問題を起こします。

 歯磨きなどがきちんとできない人は、手入れ不十分の結果、長年後には普通の歯と同様に歯槽膿漏にもなり、折角のインプラントが抜け落ちてしまいます。

 歯磨きがきちんとやれない人にはインプラントは向いていません。