HOME 健康・医療館スマホ版 PC版へ移動現在:スマホ版
 
体の病気操作指示血液・造血器の病気  
リンパ増殖性疾患
〔リンパ増殖性疾患〕

リンパ浮腫
リンパ節炎
菌状息肉症
悪性リンパ腫

〔悪性リンパ腫〕

概要病気症状原因診断
治療予後合併症情報書籍
 
この疾患の概要です

 〔悪性リンパ腫〕は〔ML:(Malignant Lymphoma)〕とも呼ばれる悪性腫瘍で、リンパ系組織から発生する血液のがんです。

 この疾患は、リンパ組織であるリンパ節、リンパ管、脾臓、胸腺、扁桃などの中で悪性細胞が増殖する病気です。

 リンパ系組織は全身に分布しているため、〔悪性リンパ腫〕は全身に発症する可能性があります。



 〔悪性リンパ腫〕は、様々な病型のリンパ系組織に発生するがんですが、病型には大別して次の二種類があります。

 ・ホジキンリンパ腫
 ・非ホジキンリンパ腫

 〔悪性リンパ腫〕が発症すると、首、腋(わき)の下、足のつけ根などのリンパ節が腫れ、しこりに触れるなどの症状が出現します。

 また、全身症状として次の三大症状を呈します。

 ・発熱
 ・体重減少
 ・盗汗

 盗汗とは、顕著な寝汗のことをいいます。

 その他、皮膚に湿疹がでたり、いろいろな部位で痛みを感じることもあります。皮膚の痒みを感じることもあります。



 欧米では〔ホジキンリンパ腫〕が多く、日本では〔非ホジキンリンパ腫〕が大多数を占めています。

 〔悪性リンパ腫〕は、全身のリンパ系組織のどの部位にも発症するため、治療を行ってもがん細胞を完全に除去できたかどうかは証明できません。

 このため、腫瘍を検出できなくなっても「完治」はなく、「緩解」または「寛解」したと表現されます。

ページのトップへ戻る

アマゾン商品

悪性リンパ腫治療マニュアル
悪性リンパ腫診療ハンドブック
悪性リンパ腫診療スキルアップ
やさしい悪性リンパ腫外来治療の自己管理
敦賀湾原発銀座 [悪性リンパ腫]多発地帯の恐怖 (宝島SUGOI文庫)
ページのトップへ戻る