HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔好酸球副鼻腔炎〕

 

 鼻の内部は鼻腔といい、その左右には「鼻中隔」や「中甲介」「下甲介」という棚状突起構造があります。

 鼻腔の周囲には「前頭洞」「篩骨洞」「上顎洞」「蝶形骨洞」という4種類の副鼻腔があります。

 副鼻腔の内面は薄い粘膜で覆われ、互いに細い穴で接続され空気で満たされています。


副鼻腔

 好酸球副鼻腔炎は、慢性副鼻腔炎、または蓄膿症のひとつのタイプであるとされる病気です。

 好酸球副鼻腔炎では、血液中の白血球の一種である好酸球が活性化し、副鼻腔粘膜を破壊して炎症を引き起こします。

 主な症状は、臭いを感じにくくなる嗅覚障害と、鼻の中に鼻ポリープ、あるいは鼻茸が多発することによる、鼻づまり、粘性の強い鼻水などです。喘息を悪化させたり、合併することがあります。


 治療は内視鏡手術で、鼻ポリープを除去したり、ステロイド剤の服用で行います。この病気は難治性であり、治療は長引くことも多く、しかもいったん治癒しても、風邪をひいたり、喫煙を続けると再発する危険性が大きくなります。好酸球性副鼻腔炎は、高齢者や喫煙者に多くみられる病気です。