HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔細菌性赤痢〕

 

 〔細菌性赤痢〕は、赤痢菌によって引き起こされる感染症です。糞尿などから食物や飲料水などを経由して経口感染することの多い病気です。

 従来、赤痢と呼ばれていた病気は、現在では、「細菌性赤痢」と「アメーバ性赤痢」の二つに分離されていますが、単に赤痢といえば、細菌性赤痢を指しています。

 現在、日本では細菌性赤痢は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の三類感染症に指定されていて、細菌性赤痢の患者を診断した医師は直ちに保健所に報告する義務があり、治療と拡散防止のために患者は隔離入院させることになっています。


 赤痢菌の潜伏期間は1~5日で、腹痛、水様の下痢、しぶり腹、血便などの症状が現れます。発熱もしますが1~2日ほどで自然解熱します。通常は特別な治療をしない場合でも、1週間程度で症状は回復しますが、1~3か月は糞便中に赤痢菌が排出されて、他の人への感染源となることがあります。

 現在の日本でも海外からの帰国者を中心に毎年400人ほどの患者が発生しています。赤痢には、ワクチンは存在しないので感染地域に旅行するときなどは飲食物に注意を払わないといけません。