HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔パラチフス〕

 

 〔パラチフス〕は、サルモネラ菌のパラチフスA菌の感染によって発症する感染症です。菌に汚染された飲食物を摂取することで経口感染します。

 パラチフス菌の感染はヒトだけに起こり、患者や無症状病原体保有者の糞便、糞尿などで汚染された飲食物などを経由して感染します。主に、上下水道が未整備の発展途上国での流行が多く、日本では海外からの帰国者が持ち帰ることが多くみられます。

 パラチフスは、三類感染症に指定された感染症で、患者を診断した医師は届出が義務付けられています。


 パラチフスの潜伏期間は、7~14日で、38度C前後の発熱を伴いながら発症し、除脈、脾腫、便秘または下痢の症状を呈します。重症化すると脳出血や腸穿孔を起こしたり、意識障害をきたし、無欲状顔貌、難聴を起こすこともあります。

 パラチフスの症状は、腸チフスの症状に類似しますが、腸チフスよりは軽症の場合が多いです。

 パラチフスA菌はヒトにしか感染しないので、衛生状態がよくなれば発生数は減少します。発展途上国ではありふれた病気ですが、日本では海外からの帰国者が持ち帰ることが多い病気です。