HOME体の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
体の病気体の病気全般心臓・血管脳・神経呼吸器消化器内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚目
耳鼻歯・口腔アレルギー膠原病感染症中毒がん女性の病気男性の病気子供の病気生活習慣病  
体の病気

〔ロッキー山紅斑熱〕

 

 〔ロッキー山紅斑熱〕は、四類感染症に指定された疾患で、〔斑点熱〕〔ダニ熱〕〔ダニチフス〕などとも呼ばれる病気です。

 ロッキー山紅斑熱の病原菌は、紅斑熱群リケッチアに属するロッキー山紅斑熱リケッチアです。

 感染した哺乳類から吸血したマダニはリケッチアに感染し、雌のマダニはリケッチアを子孫にも感染させます。


 げっ歯類、鳥類、ウサギ、羊、犬などとカクマダニ、チマダニなどの間で感染環が維持されています。

 ヒトには、ロッキー山紅斑熱に感染したマダニなどに刺咬されて感染しますが、マダニの活動期である春から夏にかけて多く発生します。ヒトからヒトへの直接的な感染は起こりません。


 リケッチアは、血管内皮細胞の中で繁殖し、皮内、皮下、脳、肺、心臓、腎臓、肝臓、脾臓の血管などによく感染します。リケッチアが細い血管が感染すると、血栓ができて閉塞してしまいます。

 マダニに刺されてロッキー山紅斑熱リケッチアに感染すると、3~12日間の潜伏期間の後、突然、激しい頭痛、悪寒、極度の疲労感、虚脱感、筋肉痛などの症状で発症します。発症すると数日以内で高熱がでて、から咳が出続けたりします。この症状は重い場合には1~2週間続きます。


 発熱後4日ほどすると手首や足首に特に痒みを伴わない斑丘疹が出現し、発疹は手のひら、足の裏、前腕、首、顔、わきの下、臀部、胴体部に急速に広がってゆきます。初期に平らでピンク色の発疹は、徐々に色が濃くなり少し盛り上がってきます。更に4日ほど経過すると、皮膚に紫色の点状出血が出現し潰瘍ができます。

 脳内血管に感染すると、落ち着きを失い、吐き気、嘔吐、腹痛などの症状の他、頭痛や不眠、せん妄などの症状も現れ、昏睡状態に陥ることもあります。重症になると死に至ることもあります。

 診断や治療の遅れ、高齢者、冬季の発症などでは、致死率が高くなります。