基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

一般身体疾患による精神障害とは

 身体的な病気・疾患が原因となって精神的な障害を引き起こすものを〔身体疾患による精神障害〕といいます

 これには〔急性外因反応型〕〔内分泌精神症候群〕および〔脳器質性精神症候群〕の3つの種類があります。

 それぞれの種類の特徴や原因となる疾患には次のようなものがあります。


身体疾患による精神障害の種類
急性外因反応型  急性外因反応型では、急性の意識障害(せん妄)の症状があらわれ、この原因となる身体疾患には、次のようなものがあります。

 ・熱せん妄(疫痢、肺炎)
 ・内分泌疾患
 ・肝性脳症
 ・術後精神病
 ・人工透析

内分泌精神症候群  内分泌精神症候群では、周期的、一過性に、欲動の障害、気分変調、自発性や衝動性の変化などがありうつ状態の症状が多く、この原因となる身体疾患には、次のようなものがあります。

 ・下垂体前葉(巨人症など)
 ・副腎皮質(クッシング症候群など)
 ・甲状腺(バセドー氏病など)
 ・糖尿病
 ・産後精神障害

脳器質性精神症候群  脳器質性精神症候群では、慢性の経過の内に、非可逆的な知能障害が現れます。この病気の原因となる身体疾患には、次のようなものがあります。

 ・粘液水腫
 ・思春期早発症
 ・悪性貧血
 ・ベーチェト病