基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

臨床的関与の対象となることのある他の状態

 臨床的関与の対象となる身体疾患に影響を与えている心理的要因には、投薬誘発や対人関係、家庭内外でのDV(虐待)、ネグレクト(無視)などに関連した、多くの問題などがあります。

 その典型的なものとして、次のようなものがあります。


 ・〔投薬誘発性運動障害〕
 ・〔他の投薬誘発性障害〕
 ・〔対人関係の問題〕
 ・〔虐待〕
 ・〔無視〕

 次のような抗精神病薬には、中枢神経系のドーパミン受容体を遮断する作用があります。

  「フェノチアジン」
  「チオキサンテン」
 「ブチロフェノン」

 このため、これらの抗精神病薬は、〔パーキンソン症候群〕や〔急性ジストニア〕および〔晩発性ジストニア〕などの〔薬物関連症候群〕を発現させることがあります。

臨床的関与による心理的要因の病気の個別概要 ◆〔臨床的関与による心理的要因〕の病気の個別概要について説明します。
投薬誘発性運動障害

他の投薬誘発性障害

対人関係の問題

虐待

無視