HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

統合失調症・他の精神病性障害とは


 〔統合失調症〕とか〔精神分裂病〕と呼ばれる病気は、古来より知られる精神疾患のひとつです。

 脳の働きが障害されることにより精神機能の統合が乱れている状態を表す病気で、本人はこの病気を自覚することができません。

 発病すると妄想や幻覚などの多彩な症状を示す特徴があります。


 幻聴が聴こえ、ありえない現象を信じ込む妄想、支離滅裂な思考をするなどの特徴的な症状が現れます。

 統合失調症には、「妄想型」 「解体型(破瓜型)」 「緊張型」 「鑑別不能型」 「残遺型」などの種類があります。

統合失調症・他の精神病性障害の種類
統合失調症
(精神分裂病)
 妄想や幻覚など多彩な症状が現れ、現実と非現実の区別がつかない。
失調感情障害
(非定型精神病)
 統合失調症と気分障害の両方の症状が混在する病気。

妄想性障害
(パラノイア)
 奇異ではない程度の妄想を頻繁に口にするが風変わりな行動などはない。

短期精神病性障害  心理的、社会的に重大なストレスで短期的に精神病症状を呈する。

共有精神病性障害  精神病性症状をもつ人と一緒に暮らす人が同様な症状を呈する障害。

一般身体疾患による精神病性障害  感染症や寄生虫症などの一般的な身体疾患が原因となって発症する精神的障害。

物質誘発性精神病性障害  アルコールや大麻など乱用物質や治療薬、毒物の直接的作用により誘発される精神病性障害。


 〔統合失調症〕や〔他の精神病性障害〕では、「陽性症状」と「陰性症状」とがあり、陽性症状は通常は見られないような心の異常な働きの結果、幻想や妄想、知覚の歪み、独り言や空笑い、外から身体や思考を操られるような作為体験、思考や動作にまとまりがなくなり異常な興奮や緊張などの症状が現れます。

 陰性症状は、通常なら心の中に存在すべき働きがないか、劣っている状態をいいます。このため、自分が病気であることを認識できにくくなっています。


統合失調症・他の精神病性障害の病気の個別概要 ◆〔統合失調症・他の精神病性障害〕の病気の個別概要をご説明します。
統合失調症
(精神分裂病)
 〔統合失調症〕は、2002年までは〔精神分裂病〕と呼ばれていた精神疾患のひとつです。

 脳の神経系統に問題が起こり、情報処理が正常に機能しなくなるために、妄想や幻覚など多彩な症状が現れ、現実と非現実の区別がつかなくなる病気です。

 本人はこの病気を自覚することができません。全人口の1%程度の発病率があり決して特殊な病気ではありません。

失調感情障害
(非定型精神病)
 失調感情障害は、かつては〔非定型精神病〕と呼ばれていた病気で、統合失調症と気分障害の両方の症状が混在する病気です。

 妄想や幻覚に支配された混乱状態が現われるかと思うと、すぐ正気に戻り、今度は大うつ病障害のように極度に落ち込んだりします。正気に戻ったり、会話が支離滅裂になったり、落ち込んだりという症状は個別にでることもあれば、同時に混在して出ることもあります。

妄想性障害
(パラノイア)
 妄想性障害は、かつては〔パラノイア〕と呼ばれた精神病です。主な症状は特別に奇異ではないような妄想が現われることです。

 たとえば「毒を盛られる」とか「恋人に裏切られる」「夫が浮気してる」「近所の人が嫌がらせをする」「病気をうつされる」「病気を持っている」などと口にします。

 妄想があるものの特に目立つような風変わりな行動や奇妙な行動はないので、妄想さえ口にしなければ病気だとは分からないこともあります。

短期精神病性障害  短期精神病性障害とは、統合失調症(精神分裂病)と同一あるいは類似の症状が1日以上、1か月未満のごく短期間だけ現れる病気で、経過の非常に良いものを指します。

 症状には、精神分裂病の特長が少なくとも一つはみられますが、統合失調症の全症状が現われるわけではありません。

 短期精神病性障害は、心理的、社会的に重大なストレスが原因となって発症することがあります。このような原因となるストレスとは、たとえば、慕っていた家族の死や交通事故などが挙げられます。

共有精神病性障害  共有精神病性障害は、統合失調症などの精神病性症状をもつ人と長期間わたり一緒に暮らしている、極めて親密な関係にある家族や知人が、最初に精神病性病状を持っていた人と同様な症状を呈する場合の障害をいいます。

 この病気は、通常は二者間で発症することが多く、この場合には〔二人組精神病〕とも呼ばれます。しばしば、三者以上の間で発症することもあるとされます。共有精神病性障害自体は、非常に稀で、同一家族内で発症するケースが多い病気です。

 このような関係にある二人の間では、ある妄想が共有して出現します。どちらか一方の人が妄想を発現したのち、もう一方の人にその妄想と関連した同様な妄想が出現するという経過をたどります。このように最初の人が幻覚や妄想を持つと、一緒に暮らしている人も同様な幻覚や妄想を抱くようになるのです。

 特徴的なのは、後から発症する人は、親密な関係にある他者の妄想を全く疑問をもたずに受け入れるという点です。妄想自体は一般の人間が理解可能な内容のことが多く、精神分裂病に見られるほど奇異で、ありえない内容のものではありません。

 共有精神病性障害は従来診断では〔感応精神病〕とも呼ばれ、「ICD-10基準(WHOによる国際疾患分類)」では〔感応性妄想性障害〕と呼ばれています。

一般身体疾患による
精神病性障害
 一般身体疾患による精神病性障害というのは、一般的な身体的疾患が直接的に作用して発症する精神的障害です。

 この原因となる疾患などには、感染症および寄生虫症、腫瘍、内分泌性疾患や栄養性疾患および代謝性疾患、免疫性疾患、血液および造血器官の疾患、神経系および感覚器官の疾患、循環器系の疾患、呼吸器系の疾患、消化器系の疾患、尿生殖器系の疾患、妊娠や出産および産褥の合併症、皮膚および皮下組織の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、先天性奇形、周産期に生じる特定の状態、器官系や兆候および病気と定義される状態、損傷および中毒などがあります。

物質誘発性精神病性障害  物質誘発性精神病性障害は、乱用物質や治療薬、毒物の直接的作用により誘発される精神病性障害です。このような障害を引き起こす物質は多岐にわたりますが、アルコールやアンフェタミン類覚醒剤、大麻、有機溶剤、コカイン、フェンシクリジンなどによるものが顕著に多いです。

 現れてくる障害は、幻覚、幻聴、幻視、幻触、幻嗅が出現しやすくなります。幻視というのは、たとえば小動物やこびとが見えるとかいう類の症状で、幻触というのは、たとえば皮膚の上を虫が這うように感じるという障害です。