基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

物質誘発性精神病性障害

 〔統合失調症〕や〔他の精神病性障害〕には数多くの精神疾患があります。

 〔物質誘発性精神病性障害〕は、乱用物質や治療薬、毒物の直接的作用により誘発される精神病性障害です。

 このような障害を引き起こす物質は多岐にわたりますが、アルコールやアンフェタミン類覚醒剤、大麻、有機溶剤、コカイン、フェンシクリジンなどによるものが顕著に多いです。


 現れてくる障害は、幻覚、幻聴、幻視、幻触、幻嗅が出現しやすくなります。幻視というのは、たとえば小動物やこびとが見えるとかいう類の症状で、幻触というのは、たとえば皮膚の上を虫が這うように感じるという障害です。