基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

転換性障害

 〔転換性障害〕は、かつては〔ヒステリー〕と呼ばれていた〔精神疾患〕です。

 また、〔転換型ヒステリー〕と呼ばれていたこともあります。

 自分自身ではどうしようもないほど辛い、社会的、精神的な出来事に思い悩み、精神的に追い詰められることが引き金となって、身体に現れてくる〔身体表現性障害〕です。


 〔転換性障害〕では、解決不可能なストレスや葛藤、困難によって心が受けた苦痛が、無意識のうちに精神症状ではなく、身体症状に置き換えられた形で現れてくるのです。

 多くの場合、転換性障害は男性より女性に多いとされ、青年期から成人期初期に起こります。一生涯で1回だけ発症することもあれば、繰り返し何度でも起こることもあります。

 〔転換性障害〕の症状は、たいていは腕や脚が麻痺して動かなくなったり、声が出なくなったり、視覚、聴覚などの感覚が低下したり、身体の一部の感覚が鈍くなるなど、神経系の機能不全として現れます。また、偽発作を呈することもあります。症状は長くは続かず、2週間以内くらいでよくなります。