HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

性障害・性同一性障害とは


 〔性障害〕および〔性同一性障害〕は、男女の性に関していろいろな症状を呈する病気です。

 この障害には、〔性機能不全〕〔性嗜好異常〕〔性同一性障害〕の三つががあります。

 〔性機能不全〕というのは、男女の性的欲求低下や性の嫌悪、喜びの欠如、男性の勃起障害(ED)や女性の冷感症、男性の早漏や男女のオルガスム障害、性交時の疼痛障害などです。


 〔性嗜好性異常〕というのは、〔露出症〕や〔フェイティシズム〕〔窃触症〕〔小児性愛〕〔性的なマゾヒズム〕や〔性的サディズム〕などです。

 最近よくテレビで報道される女性のトイレやエスカレーターなどで隠し撮りするのは〔窃視症〕と呼ばれる障害です。

 また、最近、とても注目されているのは、〔性同一性障害〕で、これは生まれながらの身体的なものと、自分が感じる男性・女性の意識が一致しない障害です。この障害の治療法として性転換などの手術が行われることもあります。

性障害・性同一性障害の病気の個別概要 ◆〔性障害・性同一性障害〕の病気の個別概要をご説明します。
性機能不全  人間の本能には、食欲や睡眠欲などがありますが、種の保存という目的のために備わっている本能に近い性質のものとして性欲があります。性欲の現れ方の程度については個人差が大きく、ほとんど性欲を感じない人から、極度に強く性欲を示す人までおります。

 通常、ペアとなる男女間ではSEXという言い方で性行為が行われるのが普通で、その目的は究極的には子孫を残すためとされますが、もっと現実的には二人の愛情の確認・コミュニケーションを深めるものであり、相互に快感を得るためのものでもあります。

 男女間の性行為は望んだとき普通に実現できるべきものなのですが、何らかの肉体的、精神的事情により、それがうまく実現できない状況が起こることがあります。望んでいるのに出来ない、ここに問題があります。このような状況を〔性機能不全〕と呼んでいます。

 〔性機能不全〕は「男女の性的欲求低下や性の嫌悪」「喜びの欠如」「男性の勃起障害(ED)」「女性の冷感症」「男性の早漏」「男女のオルガスム障害」「性交時の疼痛障害」などの症状として現れます。

性嗜好異常  〔性嗜好異常〕は〔パラフィリア〕とも呼ばれる概念で、もっと現実的な意味で書くなら、やや印象が強すぎる言葉になるけれども〔性倒錯〕という言葉になります。この言葉の本来的な意味合いは「生殖に結びつかない性衝動や性行動は性倒錯」という考え方です。

 筆者の個人的感想から言えば、快楽のためにセックスをしたがらない男なんていないのだから、これでは、世の中の人は全員が性嗜好異常者となってしまうので、ちょっと極端すぎます。ということで、より現実的な性嗜好異常の解釈は、「社会通念上で正常とされる性的関係や嗜好から極端に逸脱した、社会的に容認されがたい性嗜好」ということになるでしょう。

 〔性嗜好異常〕には、次に示すようないくつかの典型的パターンがあります。これらは小児期後期から思春期に近づく頃に現れて、いったん確立されると一生涯続くのが普通です。

 ・靴や下着、革製品、ゴム製品などの物品を用いて、激しい性的興奮を伴う空想や行動を繰り返す。

 ・自分またはパートナーに苦痛や痛みを与える。

 ・子供や無力な人との性交、強姦など、合意のない性交をする。

 このような性嗜好異常には〔フェティシズム〕〔服装倒錯的フェティシズム〕〔小児性愛〕〔露出症〕〔窃視症〕〔マゾヒズム〕〔サディズム〕など、さまざまなものがあります。

性同一性障害  生物学的には、人は男か女かの性を持って生まれてきて、肉体的にそのような外見を有することにより、男性か女性かと区別され成長し、自分が肉体的、社会的にはどちらの性に属しているかをはっきり認識しています。

 しかし、その一方で、精神的にはその性に激しい違和感・嫌悪感・不快感を感じたり、その性は自分の心にそぐわないと感じ、反対の性になりたいと願う人たちがいます。

 〔性同一性障害〕は、自分自身の身体的・社会的な性別に対して、精神上は反対の性別に属していると感じ、肉体的な性別や性役割を精神上の性に一致させようとするために、激しい苦痛や葛藤を生じる障害です。

 〔性同一性障害〕の人は、〔統合失調症(精神分裂病)〕などを持つ精神障害者とは異なり、自分自身の性別に対する違和感や不快感、嫌悪感を抱いている点を除けば、健常者と何も変わるところはありません。