HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

放火癖


 〔放火癖〕は〔衝動制御障害(衝動調整障害)〕のひとつで、次のようにも呼ばれます。

 〔放火狂〕
 〔放火魔〕

 多くの人は、キャンプ場でのキャンプファイアーや焚き火、どんど焼き、家庭内での囲炉裏や暖炉に点火し燃え盛る火を見ることを楽します。

 家庭内で小さい子供や孫と楽しむ小さな花火や線香花火なども楽しみます。


 このように火を点けたり、火を見ることが好きな人は、火によって癒されるのです。もちろん、普通に火を楽しむ人たちは〔放火癖〕などではありません。

 本来、火を点けてはいけないものや、火を扱ってはいけない場所で火を点けることが〔放火癖〕の問題行動なのですが、〔放火癖〕と呼ぶにはいくつかの条件があります。

 〔放火魔〕は、放火後に対象物の燃え上がる様を眺めたり、消火活動に取り組む人たちや集まってくる野次馬たちの反応に強い関心や興味を抱くのです。

 〔放火魔〕は、ストレス回避のために放火するのではなく、放火を楽しみのために行います。放火後の周囲の反応を楽しみます。〔放火癖〕の特徴は次のようなものとされています。

放火壁の特徴
放火の目的  利益や復讐などのためでなく喜びのためにする。

放火前の興奮  放火前に極度の興奮と喜びを感じる。

火への強迫観念  常に火を考え、火のことが頭から離れない。

放火の満足感・喜び  放火の行為自体に喜びや満足を感じる。

放火後の反応に関心・興味  放火後の火の様、消化活動、野次馬に興味を示す。