基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

抜毛癖

 〔抜毛癖〕は、〔衝動制御障害〕のひとつで、次のようにも呼ばれます。

 〔抜毛症〕
 〔抜毛癖禿頭病〕

 正常な頭髪を引き抜いてしまうために頭部に脱毛班が出現します。

 見た目には円形脱毛症と同じような現象を呈します。


 〔抜毛癖〕は、本質的には毛を抜くという快楽を得るためや、自分自身の行いや考えを罰する目的などで脱毛を繰り返します。

 手で頭の毛を抜き去るので、利き腕側の頭部前方部に脱毛部が偏り直線状の脱毛班をつくるのが普通です。

 脱毛癖患者には、抜いた毛を食べてしまう人もいますが、抜いたから食べるのか、食べるために抜くのか二つの型があります。〔抜毛癖〕の特徴は次のようなものとされています。

抜毛癖の特徴
緊張  体毛を抜く前の緊張感・興奮を楽しむ。

満足  抜いた後の満足感、快感を楽しむ。

現象  頭部前方に脱毛症が現われる。

生活  脱毛のために友人などとの遭遇を避けるようになる。

原因  通常の身体疾患があるわけではない。