HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

せん妄・痴呆・健忘性障害とは


 せん妄・痴呆・健忘性障害という概念でいわれる精神疾患には、〔せん妄〕〔痴呆〕および〔健忘性障害〕とがあります。

 〔痴呆〕に関しては、かつては〔痴呆症〕という言葉が使われていましたが、2004年以降は厚生労働省の用語検討会で〔認知症〕という言葉に置き換えられています。


せん妄・痴呆・健忘性障害の種類
せん妄  意識混濁に加え幻視や幻覚、錯覚が見られる状態。

痴呆  いわゆる認知症。

健忘性障害  社会的・職業的生活や日常生活に支障をきたすほどの記憶の喪失や物忘れ。



せん妄・痴呆・健忘性障害の病気の個別概要 ◆〔せん妄・痴呆・健忘性障害〕の病気の個別概要をご説明します。
せん妄  せん妄は、意識混濁に加えて幻視や幻覚や錯覚が見られる状態をいい、この症状は大手術後の患者やアルツハイマー病患者などにもみられます。

痴呆  痴呆は、いわゆる〔認知症〕と呼ばれる症状で、もともとは正常に発達したが、後天的な脳の器質的障害により知能が低下した状態で、運動障害や知能発達面での障害などが現れます。

 症状が激しくなると、自分のことや家族のことまで分からなくなったり、食事の食べ方やトイレの使い方までできなるなることもあります。

健忘性障害  健忘性障害は、記憶が通常あるような物忘れとは異なるほどに失われ、社会的生活や・職業的生活、更には日常生活に支障をきたすようになる状態をいい、アルコール乱用や頭部外傷などで起こることが多い病気です。

 健忘には、発病を境にして、それ以降の経験が記憶できなくなる「前向健忘」や、発病以前の記憶が想起できない「逆向健忘」、意図せずに記憶を補完してしまう「作話」、および記憶を間違って想起する「記憶錯誤」などの種類があります。