HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

せん妄


 〔せん妄〕は、意識混濁に加えて幻視や幻覚、錯覚、精神運動興奮、不安などの症状が加わった特殊な意識状態をいいます。

 この病気の発症は、極めて急激であり、発症すると数日以内に完全なせん妄状態になってしまいます。

 〔せん妄〕を発症する直接的原因としては、アルコールや薬物への依存、脳外傷、脳血管障害、感染症、血液疾患、代謝性疾患などの脳器質性疾患、様々な身体疾患などがあります。


 また、この症状は大手術後の患者やアルツハイマー病患者などにもみられます。

 〔せん妄〕を発症させる誘因的要素として、さまざまな心理的ストレスや社会的ストレス、常態的不眠、感覚遮断、感覚刺激の過多、極度な運動不足、身体的活動の欠如などがあるとされます。

 〔せん妄〕になると、意識の極度の混濁がみられ、その程度は著しく変化したり動揺したりします。意識の混濁が軽度の場合には、せん妄の体験を部分的には思い出すことができますが、ある程度を越えると、その体験を全く想起できなくなります。

 脳波で検査すると、徐波が認められることが多く、見当識障害と呼ばれる症状も認められます。多くの場合、幻視や錯覚がみられ、現実には存在しない天使や人物、動物などが動き回るのが見えたり、絨毯の汚れや壁のしみが動物や人などに見えたりします。

 精神運動興奮状態がみられるようになり、徘徊や激越などの症状が現れ、思考が錯乱しまともな会話が成り立たないことが多くなります。このような症状は日内でも大きく変動し、特に夜間に症状が悪化することが多くなります。