HOME健康・医療館 現在:PC版スマホ版へ移動
体の病気心の病気健康保険・医療保険・老人福祉・健康診断・医療制度医療技術医薬品無地空白健康増進栄養成分健康食品全身美容術健康用語辞典  
心の病気

痴呆・認知症


 〔痴呆〕あるいは〔痴呆症〕は、もともとは正常に発達した知能や記憶力、判断力、理解力、抽象能力、言語能力、行為能力、認識、見当識、感情、意欲、性格などの諸々の精神機能が、後天的な脳の器質的障害により低下した状態をいいます。

 〔痴呆〕が発症すると、独立した人としての日常生活や社会生活、円滑な人間関係を営めなくなる他、運動障害や知能発達面での障害などが現れてきます。


 稀には症状が改善させることもありますが、多くの場合、非可逆性で改善は困難となります。

 なお、〔痴呆〕という用語には、悔蔑的な意味合いがあるため、最近では〔認知症〕と呼ばれるようになっています。

 〔痴呆〕の患者では、器質性精神障害により急性期では意識障害(急性脳症候群)が、慢性期ではいわゆる〔痴呆〕と〔人格障害(慢性脳症候群)〕が主な症状として現れることから、脳における器質的障害が慢性的に進行していることが分かります。

 器質的精神障害を引き起こす有名な原因疾患には、老年期にみられる〔血管性痴呆〕〔アルツハイマー型痴呆〕〔ピック病〕等があります。また、〔ハンチントン病〕〔パーキンソン病〕〔進行性核上性麻痺〕〔てんかん〕〔頭部外傷〕〔脳炎〕などの〔感染症〕〔脳腫瘍〕〔アルコール依存症〕〔正常圧水頭症〕なども原因疾患となります。

 臨床的には、一見して〔痴呆〕と見られる場合でも、〔うつ病〕でも同様な症状を呈することがあることがあり、臨床症状や精神病理、神経病理、疾患別などの面から〔痴呆〕にもいくつかのタイプがあるとされています。