基本分野選択:HOME現在:心の病気 現在:PC版スマホ版へ移動
 
心の病気心の病気全般心の病気の分類幼児期・小児期・青年期障害せん妄・痴呆・健忘性障害一般身体疾患による精神障害物質関連障害統合失調症・他の精神病性障害気分障害不安障害身体表現性障害虚偽性障害
解離性障害性障害・性同一性障害摂食障害睡眠障害衝動制御障害適応障害パーソナリティ障害臨床的関与対象状態その他の障害
 
心の病気

大麻関連障害

 〔物質関連障害〕には数多くの精神疾患があり、〔大麻関連障害〕もその中のひとつです。

 大麻の花穂には、テトラヒドロカンナビノールという物質が含まれています。

 これが、ヒトの体内に取り込まれると、化学的変化を経てカンビノイドという物質になり、脳に直接作用を及ぼします。


 大麻を摂取するとすぐに、心拍数の増加、口の渇き、目の充血、眼圧低下、集中力の低下、食欲増進などの生理学的影響が現れます。

 摂取量が多いと、時間感覚や空間感覚が歪曲し、映像・音楽の迷走、酩酊、没個性などの症状、一過性の妄想性思考が現れます。

 大麻には依存性があり、突如使用を中止すると、離脱時に不眠症、不安、食欲減退、イライラ、筋運動の増加などの症状が出現します。

 大麻の常習的使用は、強い不安感の出現やパニック発作を出現させます。

大麻の過剰摂取による障害
精神面の症状  大麻の常習的使用による精神面の症状には以下のようなものがあります。

 ・強い不安やパニック発作が出現する。
 ・不合理な恐怖に襲われるようになる。
 ・そう状態となる。
 ・幻覚を見るようになる。
 ・妄想するようになる。
 ・フラッシュバック症状を呈する。
 ・意欲がなくなり、何事にも興味が低下する。
 ・統合失調症を発症し、錯乱状態になる。